将来の監督候補? 阪神・鳥谷を待つ金本監督とのトップ争い

将来の監督候補? 阪神・鳥谷を待つ金本監督とのトップ争い

2000安打達成で連続試合出場はすでに金本超え(C)共同通信社

 阪神の鳥谷敬(36)が8日のDeNA戦の1打席目に、右中間に適時二塁打を放ち、通算2000安打を達成。主将の福留と、早大の1年後輩であるDeNA田中浩が花束を渡した際に少し笑顔を見せたが、クールにヘルメットを脱いでスタンドのファンに会釈。試合後には決勝打を放った西岡とお立ち台に並び、「たくさんのファンの前で打てて良かった。2000本を打てるとは思っていなかった。この数字を残せたのは良かった」と喜びを噛みしめた。

 阪神の生え抜きでは藤田平(83年)に次ぐ2人目の大台到達。入団1年目の9月からの連続試合出場はプロ14年目の今も継続中で、4月には金本監督が持つ記録(1766試合)を抜いている。

 14年オフには海外FA権を行使し、メジャー挑戦を模索したものの断念。生涯阪神を宣言し、19年までの5年契約を結んだ。

 しかし金本監督が就任した昨季は、自己ワーストの打率.236に低迷した。キャプテンに任命され、金本監督から「おまえが変わらないとチームが変わらない」と尻を叩かれ、失策した試合後には「プロ野球じゃない。高校生に笑われるわ」と厳しい言葉を浴びせられたこともある。

 今季は新人年から守り続けてきた遊撃のポジションを剥奪され、三塁にコンバートされたが、腐ることなく打率3割前後をキープするなど、チームの2位躍進に貢献。さる球界OBは、「金本監督はこの2年間、鳥谷の結果が出なければいつでも若手に切り替える腹積もりだったそうです。一方の鳥谷は世代交代の波にあらがい、強い反骨心でプレーし続けたことが復活につながったのだろう」という。

■バックにOBと阪急

 紆余曲折がありつつも勲章を手にした鳥谷は、将来の監督候補といわれている。早大から03年に自由枠で入団した時から将来の幹部候補として期待されてきた。阪神では過去に安藤統男(慶大)、中村勝広(早大)、岡田彰布(早大)と東京六大学出身の内野手が監督になっている。鳥谷は王道を歩んでいるのだ。

「近い将来、金本監督と指揮官の座を争う可能性もある」とは、前出のOB。

「金本監督は3年目となる来季の続投が内定。球団は就任当初からできうる限りの長期政権を考えているが、超変革の旗印のもと、勝ちながら若手を育てる方針を掲げてきた金本監督は昨季が4位、今季は2位に押し上げた。今後はより結果が求められる。一方の鳥谷は外様の金本監督とは違って生え抜き。近い将来、指導経験がないままいきなり『鳥谷監督』が誕生となっても、OBからさほど異論は出ないだろう。“阪急対策”にもなる。阪急阪神が誕生して10年が経過し、阪急サイドは球団経営にもタッチし始めているといわれる。阪急トップの角和夫会長兼CEOは早大卒で鳥谷の大学の先輩にあたるからね」

 金本監督は鳥谷に「次は2500安打を必ず打て」と話したという。新旧の「鉄人」を中心とする阪神の勢力図は今後、どう塗り替えられていくのか――。

関連記事(外部サイト)