3位DeNAにゲーム差なしも 巨人“CS敗退確率”100%のワケ

3位DeNAにゲーム差なしも 巨人“CS敗退確率”100%のワケ

家族と共に勝利を喜ぶマイコラス(C)日刊ゲンダイ

「すべての試合で勝ちたい。まだ諦めていない」

 こう言ったのは、10日のヤクルト戦に先発して7回無失点の好投で13勝目を挙げたマイコラス(29)。阪神、DeNAとの対戦を控える12日からのカードを見据え、高橋監督も「勝負の週になる」と気合を込めた。

 巨人は前日、今季優勝の可能性が消滅。3年連続のV逸が決まって、指揮官も選手もCS出場に目を向ける。残り17試合で、現在4位。3位のDeNAとのゲーム差はなくなった。

 巨人は07年に導入されたCSに12球団で唯一、10年連続出場中。先発4本柱の菅野(15勝5敗、防御率1.69)、マイコラス(13勝6敗、同2.15)、田口(12勝3敗、同2.78)、畠(5勝2敗、同3.20)は抜群の安定感を誇り、「CSにさえ進めれば、日本シリーズ進出の下克上も十分可能」と球団関係者は期待するのだが、そうそう都合よくいくものか。

 過去、巨人がリーグ2位以下で出場したCSは4度あり、いずれもファイナルステージまでに敗退。つまりデータ的には、優勝を逃した時点で巨人の日本シリーズ進出の確率は0%なのだ。

 巨人OBによれば、「良くも悪くも常勝が義務付けられた巨人では、V逸が決まった時点で選手のスイッチが切れてしまう。来季に向けた補強の話や首脳陣のテコ入れ、戦力外がどうだとメディアもストーブリーグに突入するから、ヤル気も集中力も維持できないのではないか」という。Bクラス脱出が精いっぱいかもしれない。


関連記事(外部サイト)