稲葉監督の言葉通り 侍Jコーチ陣は人脈不足と無策の人選

侍ジャパンのコーチに金子誠氏や建山義紀氏 稲葉篤紀監督の人脈不足が露呈した格好か

記事まとめ

  • 侍ジャパンのコーチに金子誠氏、建山義紀氏、村田善則氏、井端弘和氏らが就任する
  • この人事に、稲葉篤紀監督の人脈不足と強化委員トップの無策だと球界OBが指摘している
  • 中畑清氏と大野豊氏は「コーチになる人は経験が必要」と稲葉監督にアドバイスしていた

稲葉監督の言葉通り 侍Jコーチ陣は人脈不足と無策の人選

稲葉監督の言葉通り 侍Jコーチ陣は人脈不足と無策の人選

侍ジャパンU18の視察に訪れた稲葉監督(C)日刊ゲンダイ

 2020年東京五輪で金メダルを目指す野球日本代表、「侍ジャパン」のコーチ陣が昨11日、発表された。

 稲葉篤紀監督(45)の右腕となる参謀役のヘッドコーチには、日本ハム金子誠打撃コーチ(41)が就任。投手コーチには日本ハムOBの建山義紀氏(41)、バッテリー担当に巨人の村田善則バッテリーコーチ(43)、内野守備走塁担当に同じく巨人の井端弘和内野守備走塁コーチ(42)、外野守備走塁担当にロッテの清水雅治外野守備走塁コーチ(53)の就任が決まった。打撃コーチに関しては、後日発表されることになった。

 稲葉監督は「“仲良しチーム”と言われるかもしれませんが、言いたいことを言える関係。いろんな意見を出しながら、強いチームにしていきます」と話したが、全くその通りの人選だ。

 球界OBが苦笑いを浮かべてこう言った。

「金子と建山は現役時代から稲葉の弟分で、2人の入閣は監督就任発表前から日本ハムのチーム内では知れ渡っていた。清水も日本ハム時代の選手とコーチという関係。この3人が稲葉の人脈で、井端と村田は巨人からの斡旋でしょう。つまり、当初から懸念された稲葉監督の人脈のなさ、NPBとチーム編成を担当する強化委員トップの無策が露呈した格好だよ」

 ともに日本代表でコーチ経験のある中畑清氏、大野豊氏は以前、日刊ゲンダイの取材にそれぞれ、「コーチは気の合う仲間じゃない方がいい。経験豊富なベテランというか、自分にない部分を補ってくれる人じゃないと」「コーチになる人は、ある程度の経験は必要。(特に)投手継投は後手後手になると厳しい」と稲葉監督にアドバイスしていたが、残念ながら、最も経験と手腕が問われる投手コーチに就任した建山氏には、14年に阪神で引退して以来、ただの一度もコーチ経験がない。

 そもそも稲葉監督にも代表以外の指導者経験はゼロ。この首脳陣で11月に開催される「アジアプロ野球チャンピオンシップ」に臨むが、五輪本番までに残っているコーチが果たして何人いるか。

関連記事(外部サイト)