巨人は謝罪で落着も 沢村の施術ミスはメジャーなら即訴訟

巨人は謝罪で落着も 沢村の施術ミスはメジャーなら即訴訟

不調はイップスともいわれたが…(C)日刊ゲンダイ

「米球界ではちょっと考えられませんね」

 メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言った。

 右肩のコンディション不良を理由に二軍調整中の巨人・沢村拓一(29)について、鹿取GMが球団トレーナーによる施術ミスがあった可能性が高いと認めた一件だ。

 沢村は今春キャンプ中の2月25日に右肩の張りを感じ、同27日にトレーナーからはり治療を受けた。だが、その後も長期間にわたって症状が改善されないため、球団が調査した結果、複数の医師から、「長胸神経麻痺」との診断を受けたという。原因ははり治療で、前鋸筋の機能障害を引き起こした可能性が考えられるとの所見が出されたことで、球団の石井社長、鹿取GM、当該トレーナーが今月9日になって沢村に謝罪。沢村本人がこれを受け入れたというのだが……。

■選手が肉離れでもクビが飛ぶ

「メジャーだったら、すぐに訴訟問題に発展する事案でしょう」と、冒頭の友成氏がこう言うのだ。

「最近では2013年のA・ロドリゲスの例があります。股関節を痛めたロドリゲスが所属するヤンキースのチームドクターであるクリス・アーメッド医師の指示でMRI(磁気共鳴画像)検査を受けた。ロドリゲスは、検査で悪い影が写っていたにもかかわらず、それを伝えなかった結果、故障者リスト入りが長引いたと主張、チームドクターと彼が所属する病院を告訴したのです。結局、訴えを取り下げることになったものの、15年にはオリオールズのライモルド外野手も首の手術後のリハビリスケジュールに問題があったと、同じようにチームドクターと所属病院を相手に訴訟を起こしています」

 そうでなくても、向こうは訴訟社会。トレーナーによる治療行為が厳格に制限され、主力選手に求められて鎮痛剤の注射を打ったトレーナーが解雇されたり、肉離れした選手が続いただけでクビを切られるトレーニングコーチもいる。訴訟対策もあって、厳しい処分が下される。

 はり治療による神経麻痺という今回の沢村のケースは、投手生命に影響しかねないものだ。沢村側も一時、訴訟を検討したという話もチーム内では出ていた。幸い、沢村の状態は「かなり良くなっている。今後もケアしたい」(鹿取GM)というが、それにしても次から次にトラブルが起こる球団である。

関連記事(外部サイト)