IOCが野球に見切り 28年ロス五輪で狙うはアメフトマネー

五輪史上初、開催地の2大会同時選出 IOCは野球に見切りをつけアメフトに鞍替えか

記事まとめ

  • 24年大会の開催地は撤退が相次ぎ、残ったパリとロスが24年と28年の開催を分け合った
  • 3度目のロス開催が決まったことでアメフトが追加種目として採用される公算が高まった
  • IOCが野球に見切りをつけ、アメフトに鞍替えしたことがハッキリしそうだという

IOCが野球に見切り 28年ロス五輪で狙うはアメフトマネー

IOCが野球に見切り 28年ロス五輪で狙うはアメフトマネー

バッハ会長の狙いはアメフトマネー(C)日刊ゲンダイ

 五輪史上初めて開催地の2大会同時選出が決まった。

 IOC(国際オリンピック委員会)は13日(日本時間14日)、ペルー・リマで総会を開き、2024年はパリ、28年は米ロサンゼルスでの開催を正式に決めた。24年大会の開催地を巡っては財政難を理由に立候補断念や撤退が相次ぎ、残ったパリとロスが24年と28年の開催を分け合った。

 1932年、84年に次いで3度目のロス開催が決まったことで、28年大会はアメリカンフットボールが追加種目として採用される公算が高まった。

 かねて米国は国を挙げてアメフトの五輪競技への採用に積極的。開催国に種目の選択をゆだねるIOCも米国の4大プロスポーツで最も人気のあるアメフトの実施に好意的だという。

 IOCのバッハ会長が総会閉幕の翌日(16日)に渡米し、ロスを訪問するのも、最大の収益源である米国への配慮からだろう。ロスではガーセッティ市長らとともに32、84年大会の主会場であるメモリアル・コロシアムを視察し、17日には同スタジアムで行われるNFLラムズ戦も観戦するという。

 約1週間の滞在期間中、バッハ会長は各競技会場を視察するほか、トランプ大統領とも会談。米国の各競技団体のトップと五輪開催に向けて意見交換を図るが、ロゲ前会長時代から選手の参加を要請してきたMLBとの会談は組まれていない。

 20年東京五輪での「野球・ソフトボール」の復活が決まっても、マンフレッド・コミッショナーは「シーズンを中断しての選手派遣は難しい」と一貫して五輪への非協力的な姿勢を崩さなかった。IOCにとっては、いつまでも野球に固執するより、開催時期がシーズンとかぶらず、テレビ視聴率、チケット収入も見込めるアメフトの採用を進めた方が得策だ。

 バッハ会長によるロス訪問で、IOCが野球に見切りをつけ、アメフトに鞍替えしたことがハッキリしそうだ。


関連記事(外部サイト)