日ハム・小笠原ヘッド兼打撃コーチの就任は「清宮対策」

日ハム・小笠原ヘッド兼打撃コーチの就任は「清宮対策」

小笠原前中日二軍監督は日本ハムのヘッド兼打撃コーチに(C)日刊ゲンダイ

日本ハムが9日、OBで前中日二軍監督の小笠原道大氏(45)のヘッド兼打撃コーチ就任を発表した。

 狙いは2年目の清宮幸太郎(20)、ルーキーの野村佑希(19)、万波中正(19)ら若手スラッガーの育成といわれるが、「清宮を一人前にするための人事。というより清宮の専属コーチといっても過言じゃない。来年ブレークしなければ終わってしまうのではないかという声が上がるほど、フロントや首脳陣は清宮の育成に関して危機感を持っています」とは、ある日本ハムOBだ。

 高校通算111本塁打は史上最多、ドラフトで高校生最多となる7球団の指名が競合した逸材も、プロ入り後は伸び悩んでいる。

 1年目に続き、飛躍が期待された2年目の今季も7本塁打。3月に右手有鉤骨骨片摘出手術を行ったのに続き、今月17日には右肘関節形成術の手術が予定されている。度重なる故障や体調不良もあって、周囲が納得する成績を残せていない。

 現在の金子、城石両打撃コーチは元右打者。左打者を育てるコーチが必要という声も、かねて球団内部にはあったという。

 前出の球団OBによれば、「ヘッドの肩書が付いたのは、栗山監督の独善に拍車が掛かるのを防ぐためでしょう。栗山監督は、ただでさえコーチの進言に耳を貸さないうえに、球団は今回、辞める可能性もあった監督にもう1年、指揮を執ってもらう負い目のようなものがある。小笠原ヘッドは清宮育成に加えて、栗山監督の暴走を止める役割も期待されている」そうだ。

関連記事(外部サイト)