大船渡・佐々木に3球団公言 恩師は「1年目から1軍いける」の太鼓判

【ドラフト会議】大船渡・佐々木朗希の恩師「1年目から投げられる」と太鼓判

記事まとめ

  • ドラフト会議で注目されている大船渡の佐々木朗希は、甲子園に出場していない
  • 佐々木の恩師である国保陽平監督は「1年目から投げられる」と太鼓判を押している
  • 岩手大会決勝の登板を回避させた国保監督の指導法には「過保護だ」と批判の声もある

大船渡・佐々木に3球団公言 恩師は「1年目から1軍いける」の太鼓判

大船渡・佐々木に3球団公言 恩師は「1年目から1軍いける」の太鼓判

佐々木に何球団が競合するか(後方は国保監督)/(C)日刊ゲンダイ

いったい育成にどれくらいの年数が必要なのか……。

 17日、ドラフト会議を迎える佐々木朗希(大船渡)を巡って、こんな声がかまびすしい。

 今年4月、U18選考合宿で最速163キロをマーク。その後、骨密度を測定した際に、今はまだ球速に耐えられる骨、筋肉、靱帯、関節ではないと判明したという。岩手大会の決勝は、故障リスクを考慮して登板を回避。甲子園出場が夢と消え、チーム内外で賛否の声が上がった。

 各球団は10月、佐々木と面談するにあたり、それぞれが「育成プラン」を練り、これをプレゼンしている。

 体づくりはプロ入り後の大きな課題。甲子園に出場しておらず、大舞台の経験も多くない。1位を公言した西武、日本ハム、ロッテも1年目から大卒、社会人並みにバリバリの即戦力として投げられるとは想定していないはずだ。その一方で、「1年目から投げられる」と太鼓判を押す関係者もいる。誰あろう、恩師である国保陽平監督だ。

 国保監督は自身の判断で佐々木に岩手大会決勝の登板を回避させた張本人。極力、連投を避け、投げ込みの量も抑えた指導法に「過保護だ」という批判の声も上がった。それだけに、「育成にある程度の時間をかけ、数年後に一軍デビューする形が理想ですか」と本紙記者が尋ねたら、国保監督は「あくまで個人的な考えですが」と前置きした上で、こう話したのだ。

■プロはショービジネス

「確かに投げ込みということでは、彼は他の学校のようなことはやっていません。中学時代も体を痛めていたので、ほとんど投げていないと聞いています。もちろん、体づくりは大事になるでしょうし、夏バテであったり、途中でスタミナが切れることはあると思いますが、登板の間隔さえ空ければ、1年目からでもある程度は(プロで)投げられると思います」

 さらには、アマとプロの違いにも言及した。

「高校野球はアマチュアですから先々を考えて判断しますが、プロでは社会人として、仕事としてお金をもらって野球をやる。お客さんあってのショービジネスですから、どういう状況でもしっかりやっていってほしいと思っています」

 大船渡の関係者によれば、登板回避した岩手大会決勝も、肩や肘には何の問題もなかったという。とはいえ、U18では渡韓前の壮行試合と2次リーグの韓国戦の2度にわたって右手中指のマメを潰すなど、懸念材料もある。国保監督の太鼓判を信じていいのか……。

関連記事(外部サイト)