巨人は今年も大補強へ着々 ドラフトで「即戦力投手」逃し大誤算

巨人は今年も大補強へ着々 ドラフトで「即戦力投手」逃し大誤算

監督会議で握手をする原(左)、工藤両監督(C)共同通信社

19日に開幕する日本シリーズの監督会議が18日、ヤフオクドームで行われた。

 第1戦を本拠地で戦うソフトバンクの工藤監督(56)が「ホークスは千賀滉大投手で発表しようと思います」と先に仕掛けると、巨人の原辰徳監督(61)も「我が軍は山口俊でいきます」と呼応。今シリーズは予告先発を採用することが決まった。

 前日に行われたドラフト会議では、原監督が抽選を2度外し、外れ外れ1位で青森山田高の151キロ右腕・堀田賢慎(18)の交渉権を獲得した。指揮官は「凄く注目された選手以外では『将来性』はナンバーワン」と言ったが、2位で190センチ右腕のJR東日本・太田龍(20)を指名した以外は、6人中5人が高校生となった。

 しかし、さるチーム関係者によると、原監督は今回のドラフトで「即戦力投手」を強く要望していたという。だからこそ「即戦力と将来性の両方」(原監督)を兼ね備えた奥川が欲しかった。だが、重要視していた外れ1位でも社会人ナンバーワン右腕の呼び声高い東芝・宮川哲(24)の抽選を外した。

 さる球界関係者がこう言う。

「巨人は1位のくじ引きを2度外した昨年、その後に総額40億円とされる大補強を敢行した。今年も同じですよ。外れ外れ1位から指名を高校生の『将来性』重視に切り替えたのは、『即戦力』は昨年同様、大補強に走るつもりだからでしょう。野手はもちろん、FA権を取った投手では、広島・野村、楽天・美馬、西武・十亀、ロッテ・益田あたりが市場に出る可能性がある。外国人では契約が切れる最優秀中継ぎ賞の中日・ロドリゲスらの動向を注視しています」

 日本シリーズの40人枠から外れた開幕守護神のクックがこの日、米国へ帰国した。守護神候補として今季加入も、13試合の登板で、0勝2敗6セーブで防御率は4・80に終わった。クックはこのまま退団となりそうで、当然、外国人補強にも力を入れる見込みだ。前日のドラフトの結果を受け、球団のフロントは、日本シリーズどころではなくなったのではないか。

関連記事(外部サイト)