丸が巨人の戦犯に…ソフトBに9打席無安打で今年も“逆シリーズ男”

丸が巨人の戦犯に…ソフトBに9打席無安打で今年も“逆シリーズ男”

初回に空振り三振に倒れる丸(C)日刊ゲンダイ

巨人が3連敗でソフトバンクに王手をかけられた。

 22日、東京ドームに舞台を移した日本シリーズ第3戦。巨人は初回に亀井が先頭打者本塁打で幸先良く先制したまではよかったが、先発したドラフト1位ルーキー高橋が粘れない。直後の二回、グラシアルにバックスクリーンへ同点弾を運ばれると、三回にはデスパイネに中前へ勝ち越し打を浴びて交代となった。

 巨人は同点の四回、3番手の高卒新人・戸郷が自らの失策などで傷口を広げ4失点。そのまま3連敗となった。

 第2戦終了後、原監督は2戦合計19打数1安打と沈黙していた1番亀井、2番坂本勇、3番丸の3人に「1、2、3番はうちの円熟期の選手たち。1日置いて彼らが暴れるでしょう」とハッパをかけていた。この日2発を放った亀井はゲキに応えたものの、問題はこの日も3タコで3戦計9打数無安打に封じられている丸である。

 1打席目は低めのワンバウンドになるボール球のカーブに手を出して三振。2、3打席目はタイミングが合わず、内野ゴロに倒れた。

「古典的ですけど、やっぱり内角ですね。初戦に先発した千賀がミーティング通りにカットボールでしつこく意識付けをした。丸は去年も要注意人物として徹底マークしたデータがあります」(ソフトバンク関係者)

■昨年は6戦4安打と大ブレーキ

 広島に在籍していた昨年も丸は日本シリーズでソフトバンク投手陣に6試合シリーズでのワースト記録を更新する12三振を喫した。結局6戦で4安打、打率・160と大ブレーキ。広島が日本一を逃す戦犯となった。今年6月の交流戦では3試合で13打数6安打とソフトバンク投手陣を打ち込んだが、「交流戦の時は丸にそこまで厳しく突っ込んでいない。インコースはリスクもあるし、日本シリーズで対戦することも想定していました」とは、前出のソフトバンク関係者である。

 この日、3連続三振を含む4タコに終わった坂本の状態も深刻だ。ここまで計11打数1安打で打率・091。坂本はインコース打ちの名手で、セ・リーグの某投手は「坂本に内角なんて怖くて投げられませんよ」と言うが、実は「内角高め」に限定すると今季は・250。この日もバンデンハーク、石川、モイネロにしつこくインハイに投げ込まれ、ボール球に手を出すなど、完全に打撃を崩されている。原監督は「坂本と丸? 巨人らしさ、巨人の良さが出ていないね」と嘆くしかない。「サカマル」が封じられると接戦にも持ち込めない。3連勝のソフトバンクの日本一確率は83%となった。

 巨人はなす術なく、終戦の日を迎えようとしている。

関連記事(外部サイト)