清原和博氏“トライアウト監督就任”の裏側 主催側に聞いた

清原和博氏、神宮球場で開催の公開トライアウトで監督へ 猶予期間満了まで約半年

記事まとめ

  • 清原和博氏が、神宮球場で開催の公開トライアウトで、監督として選手選出などに関わる
  • 清原氏は覚醒剤の執行猶予中で、注目を集めるのは間違いないという
  • 清原氏周辺には多くの支援者がおり、社会復帰へ向けて様々なプランが進行しているとも

清原和博氏“トライアウト監督就任”の裏側 主催側に聞いた

清原和博氏“トライアウト監督就任”の裏側 主催側に聞いた

清原和博氏(C)日刊ゲンダイ

あの清原和博氏(52)が“監督”に就任する。11月30日に神宮球場で開催される、企業主催のトライアウトに参加が決定。米球界入りを目指す日本人選手や、日本球界入りを目指す外国人選手を対象に、海外移籍をサポートする代理人や日米のスカウト陣を招き、試合形式で行われる公開トライアウトで、清原氏は監督として選手の選出などに関わるというのだ。

 清原氏は、2016年2月に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。猶予期間満了まで約半年を残す中で、監督として公の場に立つとなれば、いろいろな意味で注目を集めるのは間違いない。トライアウトを主催するワールドトライアウト社に“監督就任”の経緯を聞くと、広報担当者がこう言った。

「弊社社長の加治佐と副社長の田中の2人によって決められました。加治佐は東京大学、田中は法政大学でそれぞれ大学野球をしていたので、清原氏に個人的な思い入れや、つながりがあったのかもしれません。どのような会話が持たれて清原氏に決定したのかについては詳しく把握しておりませんが、10月30日のトライアウト開催発表会に加治佐から説明があるはずです」

 逮捕後も清原氏の周辺には多くの支援者がおり、社会復帰の道筋をつけようと水面下では野球教室の開催などさまざまなプランが進行している。今回の“監督就任”も、薬物依存を克服するリハビリに取り組んでいる本人の大きな励みになるだろう。同じ過ちを犯すわけにはいかない。

関連記事(外部サイト)