プロ野球から消えた乱闘劇 阪神の新大砲・ロサリオなど外国人補強は性格面を重視?

記事まとめ

  • 阪神の新大砲・ロサリオは、韓国プロ野球で2年連続3割、30本塁打、100打点以上マーク
  • 2005年にミセリ(4月解雇)とキャプラー(7月契約解除)、11年のライアルに懲りた巨人
  • 巨人に限らず「実績が十分な外国人選手なら性格は問わない」という球団は皆無という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております