ソフトバンクは深追いせず…FA福田がオフの“隠れた目玉”に

ソフトバンクは深追いせず…FA福田がオフの“隠れた目玉”に

今季国内FA権を取得した福田(3年連続日本一を達成し、胴上げされる工藤監督=右)/(C)日刊ゲンダイ

流出は避けられそうもない。

 巨人との日本シリーズを制し、3年連続日本一を達成したソフトバンク。12球団一の資金力を誇っているだけにFA戦線への殴り込みが期待されるものの、現在は若手育成が急務とあって、補強にはさほど熱心ではない。

 逆に「隠れたオフの目玉」と注目されているのが、今季国内FA権を取得した福田(30)だ。三拍子揃ったスーパーサブとしてチームを支え、日本シリーズでも1本塁打、3打点と活躍した。

 ある球団OBは「カネが欲しいのなら残留だが、出場機会優先なら移籍しかない」と言う。

「福田のポジションは主に外野か一塁。外野は中堅柳田、左翼グラシアルが鉄板。残る右翼で上林(24)の育成を優先させる方針です。一塁には内川、中村がいる。福田は誰かがケガをしない限り、スタメン出場は難しい」

 今季は80試合の出場にとどまり、打率・259、9本塁打、26打点だった。

「サブとしては優秀だけどスタメンで使い続けるには……というのが首脳陣の評価です。スタメンで起用された時期もあるが、結果を残せなかった。今季の年俸は3600万円。仮に残留なら年俸8000万円の2年契約くらいはしてもらえるが、他球団とのマネーゲームには乗らないでしょう」(前出のOB)

 ソフトバンクは自軍でレギュラーに定着できなかったサブの争奪戦を、高みの見物か。

関連記事(外部サイト)