捕手難で楽天クビの嶋に特需 “打てる捕手”残留も追い風に

捕手難で楽天クビの嶋に特需 “打てる捕手”残留も追い風に

エース則本(右)を1年目から支えた嶋(C)共同通信社

クビから一転、売れっ子になった。

 楽天から25%の減額制限を超えるダウン提示を受けていた嶋基宏(34)が退団。21日に自由契約を申し入れ、他球団からのオファーを待っている。

 今季の嶋は腰痛の悪化と若手を積極起用する球団方針もあって、出場試合数はプロ13年間で最少の57試合。打率・209、3本塁打、15打点。盗塁は一度も刺していない。本来であれば、声がかからなくてもおかしくない成績だが、すでにヤクルト、中日、ロッテ、オリックスが獲得調査に乗りだしているという。

 球界全体で捕手の人材難は深刻化している。投手の実力を引き出す配球術やコミュニケーション能力は経験によって培われる。ベテランは体力が衰えても、その点が評価される。

 例えば、ロッテの細川亨(39)。2010年オフに西武からソフトバンクへFA移籍した際は、横浜(現DeNA)、オリックスが獲得に参戦した。16年オフに構想外となりコーチへの転身を打診されるも固辞。36歳で楽天と契約した。18年に戦力外通告されると、今度はロッテへ移籍。このときはすでに38歳だった。

 日本ハムの鶴岡慎也(38)もそうだ。13年オフに日本ハムからソフトバンクへFA移籍。17年の先発マスクは2試合のみだったにもかかわらず、出場機会を求めてFA権を行使する。36歳で日本ハムに出戻り、今季からはバッテリーコーチ兼任捕手として35試合でマスクをかぶった。

 嶋の特需に拍車を掛けたのが、FA権を取得した広島・会沢翼(31)の早期残留表明だ。会沢は正捕手としてチームのリーグ3連覇に貢献。今季はリーグトップの得点圏打率・351と勝負強さを見せた。「打てる捕手」はどの球団もノドから手が出るほど欲しい。しかし、早々と残留を決め、会沢を狙っていた球団が嶋に目を向けることになったのだろう。

■伊藤光はDeNA最長4年契約

 楽天からは年俸1億円からの大幅ダウンを提示されていた嶋。このままいけば、ダウンどころか1億円からの大幅な上積みも期待できる。

 23日にはFA権を取得していたDeNAの伊藤光(30)が4年総額4億5000万円プラス出来高でサイン。今季は84試合で打率・254、8本塁打ながらDeNAになって最長の大型契約を勝ち取った。捕手不足ゆえの厚遇だ。

関連記事(外部サイト)