マシソン退団で整備急務も…巨人のリリーフ補強は苦戦必至

マシソン退団で整備急務も…巨人のリリーフ補強は苦戦必至

引退会見をしたマシソン(右)はサプライズで阿部から花束を受け取る(C)日刊ゲンダイ

巨人のスコット・マシソン(35)が25日、球団事務所で退団会見を行い、「巨人で過ごした8年間は野球人生キャリアの中でもハイライトだった」と思いを語った。

 2012年から絶対的セットアッパーとして、この年からのリーグV3に貢献。第2次原政権を支えた。8年間で通算421試合に登板。13、16年には最優秀中継ぎ投手に輝いた。今後は母国カナダ代表としてプレーを続け、来年の東京五輪後に現役を引退する。

 当然、巨人は穴埋めをしなくてはいけない。後釜候補の大本命は、中日の159キロ左腕、ジョエリー・ロドリゲス(27)だ。来日2年目の今季は64試合で3勝4敗41ホールド1セーブ、防御率1・64で最優秀中継ぎとなっている。

 今季の年俸は7000万円。中日も引き留めに全力を挙げるというが、複数の関係者によると、巨人はおよそ3倍の年俸2億円以上、契約金を含め、2年総額6億円規模を提示する情報があるという。ただ、複数のメジャー球団も獲得に興味を示しており、マネーゲームの様相を呈している。

「巨人に在籍したマイコラスが今年2月、カージナルスと4年総額75億円で契約を延長した。年俸は20億円弱。2年前に復帰した時は2年17・5億円だった。日本球界トップの助っ人のメジャーでの市場価値が急騰している。ロドリゲスは160キロ近い左腕で64試合に登板する馬力がある。メジャーなら年俸2、3億円じゃ済まないでしょう。ロドリゲスの周辺によれば、現段階でメジャー復帰の可能性が高いようです」(米球界関係者)

 一時代を築いたマシソンの代わりなど簡単には見つからない。マネーゲームに敗れれば、FA補強で補うしかなさそうだ。

関連記事(外部サイト)