中日FA大島の残留交渉不調で…阪神が“打線の核”に獲得狙う

中日FA大島の残留交渉不調で…阪神が“打線の核”に獲得狙う

FA宣言なら…(C)日刊ゲンダイ

「評価を聞いてショックを受けたようですね」

 名古屋のマスコミ関係者がこう言うのは、大島洋平(33)のことだ。今季、リーグ4位の打率・312をマークし、174安打で最多安打のタイトルを獲得。全143試合に出場したのは、大島とビシエドの2人だけだった。

 その大島は今季で3年契約が満了、すでにFA権を取得している。加藤球団代表は、10月中に2回、大島と残留交渉を行っていることを明かしたが、本人はまだ返事をしていない。前出の関係者が続ける。

「大島は盗塁王を獲得した2012年から毎年、ほぼ全試合に出場している。中堅手としてゴールデングラブ賞を6度受賞し、残り558本となった2000安打達成にも意欲を見せています。愛知県出身の地元選手でもあり、いわばチームの顔といえる選手なのですが、中日の提示は、3年前後の複数年契約ながら、年俸は微増にとどまっているそうです。大島も中日に対しては愛着があり、ナゴヤに家も建てている。中日残留を優先しつつも、スッキリと決断できないようです」

 そんな中、一部スポーツ紙が、阪神が大島の獲得調査をしていると報じた。阪神は今年のドラフトで1位の西純矢(創志学園)ら5人の高卒選手を指名。補強はFAと助っ人で賄う方針だ。

「中日との交渉が不調に終わる可能性があるとみて、横やりを入れようとしているのでしょう」とは阪神OB。

「阪神はベテランの福留と糸井が年齢とともに成績が下降線をたどり、1年間のフル出場は難しい。新人の近本がそれなりの結果を残したとはいえ、打線の核になる選手がいない。大島は少なくとも、あと3〜4年は十分にレギュラーを張れます。阪神は2009年ドラフトの際に、担当スカウトが大島を熱心に追いかけていましたし、大島が社会人・日本生命時代に結婚した奥さんは関西出身。突破口はあります」(球界関係者)

 ちなみに、矢野監督の古巣は中日。旧知の井上一樹氏を一軍打撃コーチに招聘し、山本昌氏に臨時コーチをお願いするなど、“中日好き”でもあるが、さて……。

関連記事(外部サイト)