楽天美馬がFA権行使を表明 巨人は16年以来の一挙“3人獲り”も視野

楽天美馬がFA権行使を表明 巨人は16年以来の一挙“3人獲り”も視野

楽天・美馬学(C)共同通信社

楽天・美馬学(33)が27日、国内FA権を行使することを表明した。

「めちゃくちゃ悩みました。結論はまだですけど、一生に一度の権利なので、他球団の評価も聞いてみたいという気持ちでFAすることにしました」

 今季は開幕からチームでただ一人ローテーションを守り、25試合で8勝5敗、防御率4・01。パ・リーグで6人しかいない規定投球回に到達した。

 今季の年俸は6500万円。球団内の年俸が上位4位から10位以内に入るBクラスとみられ、獲得した球団は旧年俸の60%の金銭か、プロテクト外の選手1人と旧年俸の40%の金銭を楽天から求められる。

 ロッテなど複数の球団が獲得に興味を示す中、投手陣の立て直しが急務の巨人も指をくわえて見ているわけはないだろう。

「今オフのFA市場に出そうな投手の中で、実績ナンバーワンの広島・野村が2年総額3億円で26日に残留を決めた。はっきり言って巨人はガッカリでしょう。今季は6勝だったが、16年には16勝で最多勝利、勝率・842で最高勝率の2冠。巨人は先日のドラフトでも即戦力投手の指名がままならなかっただけに、野村は補強の目玉候補だった。こうなった以上、美馬取りに巨人も加わる可能性が高まりました。本人は関東でプレーしたい気持ちがあるそうです」(球界関係者)

■ルール上は「2人まで」だが

 他に大争奪戦の様相を呈しているソフトバンクの外野手・福田に関しても、巨人が放っておかない好選手だ。AランクとBランクのFA選手は、1シーズンで合計2人までしか獲得できないが、福田は11位以下のCランク。1人にカウントされず、何人でも獲得できるのだ。なお、Cランクは人的、金銭の補償も必要としない。

 さらに、熟考中のロッテの内野手・鈴木が宣言すれば、獲得に動く可能性がある。

 巨人は坂本勇以外の若い内野手が先の日本シリーズの大舞台でポロポロやって未熟さを露呈。内野手は投手に続く補強ポイントとなっている。

 鈴木は今季、打率・288、15本塁打、68打点。打率、本塁打、出塁率・373はキャリアハイだった。内野の全ポジションを守れるユーティリティーさも原監督好みだ。メジャー志望ではあるが、秋山(西武)や菊池涼(広島)といった代表クラスや、実績のある大島(中日)ら、まだ結論が出ていないFA組もいる。

 締め切りは11月1日。今オフは山口、陽、森福を補強した2016年以来の「FA3人補強」も視野に入れている。

関連記事(外部サイト)