巨人FA補強は楽天美馬とロッテ鈴木 “即決”の裏に目玉打者の動向

巨人FA補強は楽天美馬とロッテ鈴木 “即決”の裏に目玉打者の動向

国内FA権の行使を決断したロッテ・鈴木(C)共同通信社

巨人の大塚淳弘球団副代表編成担当(60)が28日、国内FA権行使を表明したロッテ・鈴木大地(30)の獲得に乗りだすと明言した。

 鈴木は今季、打率・288、15本塁打、68打点。いずれもキャリアハイの成績をマークした。内野の全ポジション、外野も守れるユーティリティープレーヤーで、大塚副代表は「阿部が引退して、どこでも守れるとなると魅力的ですね」と明かした。

 鈴木はこの日、ZOZOマリンで「今季の起用やポジションがFAにつながったわけではない。新しいことをやらせてもらって、すごく勉強になった一年だった」と振り返っていた。

 巨人はさらに、楽天・美馬学(33)も調査することを明かした。

 大塚副代表によると、8勝5敗だった今季の143回3分の2の投球回数を評価。「開幕からシーズンを通して投げる投手は貴重。日本シリーズで負けて投手力不足というのがはっきり見えた」と説明した。

 さる球界関係者がこう言う。

「関東でのプレーを希望している美馬については、ロッテも手を挙げているが、巨人入りが濃厚です。鈴木もしかり。美馬、鈴木は2人ともBランクのため、規定ではこれでFA補強は終了。早々と2人との獲得交渉を表明するリスクは大きい。これから大物が表明しても身動きが取れなくなるからです」

■秋山の動向

 どういうことか。これは沖縄で侍ジャパンの強化合宿中の西武・秋山翔吾(31)が関係している。今季は179本で最多安打のタイトルを獲得。2015年には日本新記録となる年間216安打をマークした球界屈指の安打製造機だ。メジャー挑戦を最優先として移籍先を探る一方、条件面などで折り合わず、国内移籍の選択肢が出てきた場合に備え、楽天、ソフトバンク、DeNAなどが調査を進めている。

「秋山はこのオフの目玉。当然、巨人も調査しました。でも、メジャー志向が強いのか、はたまた日本球界の可能性はありでも巨人には来ないのか。いずれにしても、秋山が巨人へ移籍する可能性はないと判断したのでしょう。だから、大塚副代表が早々と2人の名前を出したんです」(前出の関係者)

 FA権行使の申請は11月1日が締め切り。3日から交渉が可能になるが、電光石火の表明は自信の表れだ。かつてない速さでFA補強は片付きそうだが、果たしてこれで巨人は強くなるのか――。昨オフの内海、長野のように人的補償として2選手を失う可能性もある。疑問符が拭えない関係者は多そうだ。

関連記事(外部サイト)