元木大介氏が巨人HCに異例の昇格 監督にもモノ申す“コミュ力”高評価

元木大介氏が巨人HCに異例の昇格 監督にもモノ申す“コミュ力”高評価

ヘッドコーチに就任(C)日刊ゲンダイ

巨人は29日、来季のコーチングスタッフを発表した。

 今季、空位だったヘッドコーチのポストに元木大介内野守備兼打撃コーチ(47)が配置転換された。今季で現役を引退した阿部慎之助(40)は二軍監督。今季までヤクルトの一軍打撃コーチを務めていた石井琢朗氏(49)は一軍野手総合コーチに就任する。

 指導者2年目で原辰徳監督(61)に次ぐヘッドコーチに異例の大抜擢となった元木コーチは、2005年の現役引退から14年の時を経て、今季から現場復帰。リーグ優勝に貢献した。昨年初入閣を果たした際、チーム内外から「元タレント」「元ラーメン屋」といった声が聞かれたが、原監督は「野球を知っている」と元木コーチを擁護していた。その中でも評価の高いいくつかの「能力」がある。

 今季は得点に直結する三塁ベースコーチを務めた。相手や自軍選手の能力を、瞬時に判断する必要がある難しいポジションだが、「観察眼」が優れているため、判断ミスが少なかったという。

 さらに元木コーチが「一番大事にした」と言うのは、選手との対話である。春のキャンプから主力、若手を問わず、積極的に食事に連れ出し、何を考えているのか、どういう選手になりたいのかなどを徹底“取材”した。マスコミ対応も含めた「コミュニケーション能力」の高さも評価の対象である。

 さるチーム関係者がこう言う。

「『原監督の顔色をうかがっているようじゃ選手に見透かされる』が元木さんのポリシー。一軍には選手が『助さん、格さん』と呼ぶような監督の方しか向いていないようなコーチが複数いる。でも元木さんは『コーチの伝達ミスなんだから監督に言うべき。〇〇(選手)がかわいそうだ』などと年上のコーチにも意見。一貫して選手寄りの立場に立っていた。原監督にとって、実はこれが都合がいいんです。ナインの気持ちが離れそうな時、元木コーチの存在が緩衝材になるからです。使えば、空中分解を食い止められるかもしれない。全コーチが監督にベッタリではそうはいきませんから」

 今回の人事は、いずれ来るであろう「阿部慎之助政権を支えてくれ」という原監督の願いも反映しているかもしれない。

関連記事(外部サイト)