野手は評価渋く…プレミア12侍J“メジャー志望組”に上積みなし

野手は評価渋く…プレミア12侍J“メジャー志望組”に上積みなし

今オフのメジャー挑戦を直訴している菊池涼介(C)共同通信社

プレミア12(11月2日開幕)に向けて合宿を行っている侍ジャパンメンバーの中で、人一倍、やる気をみなぎらせているのが「メジャー志望組」だ。

 広島の菊池涼介(29)はポスティング、西武の秋山翔吾(31)は海外FAで今オフのメジャー移籍を希望。広島の鈴木誠也(25)、ヤクルトの山田哲人(27)も渡米を夢見ている。

 プレミアにはメジャー球団のスカウトが山ほどやってくる。彼らの前で少しでも自分の価値を上げたいからだ。

 あるア・リーグ西地区球団のスカウトは「メジャーの公式球でもNPB球でもないボールを使用するため、ボールうんぬんでの判断はしにくい。特に野手は相手投手の質で評価が大きく左右されます。二線級、三線級の選手相手に打ったとしても、メジャーで活躍できるかというジャッジをするのは難しい」と言う。

 過去にメジャー実績のある選手はゴロゴロいるとはいえ、現段階で40人枠に入る連中の出場は予定されていないから、大会での野手の評価が上積みされることはなさそうだ。

「プレミアだけで判断するには期間が短すぎる。これまで国内外で自分たちが見てきたものがあるので、それらのデータと併せて実力をチェックすることになるだろう。昨年の日米野球では山田と菊池が結果を出せなかったが、ある程度は苦労するだろうと予想していたので、私の評価は恐らく変わらない」(前出のスカウト)

 評価が上がることはなくても、大きな欠点が露呈するようなら、情報やデータと違うと、評価を落としかねない。本気でメジャーを目指す選手はうかうかできないのだ。

関連記事(外部サイト)