侍J強化試合のチケット前売り苦戦 ラグビー人気に追い抜かれるぞ

侍J強化試合のチケット前売り苦戦 ラグビー人気に追い抜かれるぞ

代表戦でもこれじゃあ(会見を終え、記念撮影する〈左から〉日本代表の山口、稲葉監督、カナダ代表のウィット監督、マシソン)/(C)共同通信社

「売れ行きはイマイチですね……」

 沖縄の地元関係者が苦笑いでこう言った。

 侍ジャパンは10月31日、11月1日の両日、沖縄セルラースタジアム那覇でカナダとの強化試合に臨む。

 平日開催とはいえ、プレミア12の前哨戦。さぞファンの注目を集めているのかと思いきや、チケットの前売り状況は芳しくないようだ。前出の関係者はこう言って肩を落とす。

「セルラーの収容人数は3万人なのに、結構な枚数が売れ残っており、主催者側は慌てて招待客を募っています。沖縄では毎年2月に大々的にキャンプをやって野球人気が高いというのに、この状況です。W杯でベスト8入りしたラグビーの日本戦をやった方がよほど客が入るかもしれませんね……」

 そんな不人気の現状を知ってか知らずか、侍戦士たちにファン層を拡大しよう、という雰囲気は感じられないという。先日まで合宿を行っていた宮崎の地元関係者が言う。

「ファンサービスに熱心だと映ったのは秋山(西武)、山崎康(DeNA)と山岡(オリックス)、地元出身の山本(同)くらい。ファンに手を振るのはまだいい方で、見向きもしない選手がゴロゴロいました。主催者側が積極的なファンサービスを禁止しているのではないか、と思ったほどです」

 それに比べて、ラグビー日本代表の選手たちはW杯敗退後、メディアに積極的に出演するなど、人気拡大を図ろうと必死になっている。「野球は国民的スポーツ」とあぐらをかいているようでは、ラグビーにファンを奪われかねないぞ。

関連記事(外部サイト)