巨人は助っ人補強に首脳陣投入…中日のドミニカルート強奪も

巨人は助っ人補強に首脳陣投入…中日のドミニカルート強奪も

視線の先はドミニカ?(原監督と阿部次期二軍監督=左)/(C)日刊ゲンダイ

日本シリーズでソフトバンクに大惨敗した巨人が、助っ人補強ルートの強化に乗りだす。

 来月、球団がドミニカ共和国で開催するトライアウトに、来季から二軍監督に就任する阿部慎之助(40)、一軍ヘッドに昇格した元木大介コーチ(47)、巡回投手担当に配置転換された水野雄仁コーチ(54)を派遣。これまでは国際部が担当していた助っ人スカウト活動に、現場の「眼力」を加えて、戦力を発掘しようというわけである。

「今季3年目で8勝を挙げた左腕メルセデスもトライアウトを経て獲得した選手ですが、これはもともと(中日の)森繁和前監督が落合政権での投手コーチ時代に始めたこと。ドミニカ球界の顔役の一人であるドミンゴ・マルティネス(元西武など)の協力を得て、有望選手を集めてテストをやった。2011年に開幕投手を務めて10勝を挙げた、マキシモ・ネルソンらがこのテストで発掘されました。阿部らはドミニカでのトライアウト後にプエルトリコのウインターリーグも視察するそうですが、プエルトリコやベネズエラも森さんが選手供給ルートの道筋をつけ始めていたところだっただけに、うちのフロントは気が気じゃありません」(中日関係者)

 これまで、ドミニカを筆頭とする中米ルートは中日の独壇場だった。森氏が強固なパイプを築き上げ、巨人は煮え湯をのまされることも少なくなかった。例えば、現地では森氏のもとに代理人が列をなし、さまざまな選手を売り込んでくる。中には箸にも棒にも掛からないような選手もいて、それを代理人が「3000万円でどうか」と囁いてくる。追い返すと、その足で巨人の渉外担当のところに行き、同じ選手を3倍の値段で吹っかけてくることもあったという。

 そんな森氏が今季限りで中日を退団した。球団は中米ルートを継続すると言っているが、森氏が個人的につくったパイプによるものが多く、代役の担当者を立てたところで、ルートを維持できるかは微妙。中日関係者の多くも懸念しているところである。

 そこへ、攻勢をかけるかのような巨人の動き。中日との立場が一変するかもしれない。

関連記事(外部サイト)