阪神・矢野体制2年目突入…早くも燻り始めた「3つの火種」

阪神・矢野体制2年目突入…早くも燻り始めた「3つの火種」

来季は大丈夫か(阪神の矢野監督)/(C)共同通信社

阪神は今季、矢野燿大新監督(50)の下で前年最下位から3位に浮上。CSファーストステージで2位・DeNAを破り、同ファイナルステージに駒を進めた。2年目に突入し、さらなる高みを目指す矢野阪神は10月31日から秋季キャンプがスタートしたが、早くも火種が燻り始めているというのだ。

  ◇  ◇  ◇

■井上打撃コーチが総スカンの危機

「上から目線なのが気にさわるんだよな」

 就任早々、チーム内でこんな声が出始めているという。井上一軍打撃コーチ(48)である。

 矢野監督とは中日での現役時代に同じ釜の飯を食った仲で、指揮官の2年後輩にあたる。打撃強化を図りたい矢野監督たっての希望で入閣し、秋季練習から指導をしているのだが、さる阪神OBは「就任して数日しか経っていないのに、選手が白い目で見始めている」と、こう続ける。

「阪神はCSファイナルまで戦ったにもかかわらず、秋季練習は一部のベテランを除き、レギュラークラスも参加している。ただでさえ疲れている選手も少なくない中で、選手たちに向かって事あるごとに『おめーら、体が弱いんだよ』と“毒づく”というのです。井上コーチは現役時代、規定打席に到達したのは1度だけ。阪神に来たばかりでほとんどコミュニケーションも取れていないのに、上から目線で接するため、選手は面白くないようです」

 さらに先日、16年新人王の高山に対し、「名前は高山やけど、おまえはまだまだ“低山”」と名前をイジってハッパをかけたことについても、チーム内で批判が出ているという。

 10〜13年は中日で二軍監督と一軍打撃コーチを務め、「活字になるコメントを考えてくれる」とマスコミ関係者からありがたがられていたが、阪神は中日とは違い、ちょっとしたコメントがデカデカとスポーツ紙に掲載される。

 井上コーチのコメントをニュースで見て、ショックを受ける選手もいるらしい。

「僕は技術云々よりも選手のモチベーションを上げるためにハートをくすぐる“コミュニケーションモンスター”になりたいと思っていますし、そこが一番かなと思っています」(球団HPから)

 就任会見でこう語っていた井上コーチだが、本人の思惑とは裏腹に、選手との間に溝ができ始めている……。

中田無償トレードは矢野監督のコネ

 10月26日、阪神はソフトバンクから中田賢一(37)を無償トレードで獲得した。

 通算100勝をマークするベテラン右腕の阪神入りが、チーム内で波紋を呼んでいる。

「そもそもフロントは、獲得に乗り気ではなかったそうです」

 とは、パ球団の編成担当。

「ソフトバンクは中田を一軍戦力として考えておらず、今季年俸6000万円から、減額制限を超えるダウン提示をしていた。中田が受け入れなければ、コミッショナーに調停を申し入れるか、自由契約を選択せざるを得ない。そんな中、阪神が無償トレードを持ち掛けた。しかし阪神は、功労者の鳥谷とメッセンジャーが退団。ドラフトで高卒選手を5人も指名するなど、若返りを図ろうとしている。ロートルの獲得はその方針にそぐわない。実は、中田の奥さんは在阪キー局の元アナウンサーで、矢野監督はその局で解説者を務めていた。中田サイドが矢野監督に頼み込んだともっぱらです」

 中田の成績次第では矢野監督の求心力が低下しかねない。

■OBが「中日化」に目くじら

「いくら何でも中日の人間に頼り過ぎや」

 中日色を強める矢野監督に対し、阪神OBが憤りを込めてこう言う。

 昨オフの監督就任時に中日時代の先輩である清水ヘッドを招へい。このオフは井上打撃コーチに加え、山本昌氏に臨時コーチをお願いした。トレードで獲得した中田も元中日だ。

 その一方で阪神OBはというと、浜中打撃コーチと伊藤トレーニングコーチが退団。掛布オーナー付シニアアドバイザーも、任期満了で阪神を去った。

「清水、井上、山本昌と言えば、矢野と並んで星野仙一の薫陶を受けている。“星野イズム”の注入と言えば聞こえはいいが……」と、古株のOBがこう言う。

「捕手出身の矢野は阪神での現役時代、下柳(解説者)、福原(投手コーチ)、藤川ら投手とは良好な関係を築いたが、野手とはそこまでの結びつきはなかった。だからか、コーチ陣の中では、福原とはうまくやっている半面、浜中が退団したように野手担当コーチとのコミュニケーションがうまく取れていない印象がある。外部の血を取り入れる以上は、結果で応えてもらうしかない」

 OB内では生え抜きの監督を望む声が多い。外様の矢野監督は来季、外野の雑音に悩まされるかもしれない。

関連記事(外部サイト)