巨人・秋季練習で始動 原監督の教示より注目を浴びた阿部二軍監督

巨人・秋季練習で始動 原監督の教示より注目を浴びた阿部二軍監督

職員が「11時11分」のボードを掲げる中、訓示する原監督(中央左)と阿部二軍監督(右)/(C)日刊ゲンダイ

令和1年11月1日午前11時11分、巨人の新体制がスタートした。川崎市のジャイアンツ球場で行われた秋季練習で、原辰徳監督(61)が、一、二、三軍の選手、スタッフを前に「必ず力のある選手を試合に使う」などと訓示した。

 しかし、この日最も注目を集めたのは、選手ではなく、ナインに「考える力をつけよう」と訓示し、指導者人生をスタートさせた阿部慎之助二軍監督(40)である。午後から始まった二軍練習ではブルペン、内野守備、打撃練習をじっくり観察。「いいって聞いていた」という1年目の育成内野手・黒田にトスを上げながら打撃、守備を指導した。「他の子もこれぐらい練習するというのを分かっておいてもらおうと思った」と約3時間、精力的に動き回る姿を複数のテレビカメラが追った。

 一軍は坂本勇ら主力が侍ジャパンに招集されており不在。先のドラフトでも目玉の奥川(星稜=ヤクルト1位)を抽選で外した。獲得に乗り出すことを表明しているFA戦線も小粒感は否めない。

「監督って言われるのも違和感あるし、このロングパンツはもっと違和感がある」と笑った阿部。二軍監督が一番の注目株という巨人軍、寂しい限りだ。

関連記事(外部サイト)