6球団争奪のFA福田 レギュラー定着で最も“相思相愛”の球団は?

6球団争奪のFA福田 レギュラー定着で最も“相思相愛”の球団は?

西武・渡辺GMとの直接交渉に応じた(C)共同通信社

さっそくモテっぷりを発揮している。

 今オフ、国内FA権を行使したソフトバンクの福田秀平(30)。交渉解禁日の3日に西武から即日アタックされると、同じ日に中日とも交渉の場を設けた。

 今季年俸3600万円のスーパーサブに、ソフトバンクは4年5億円の大型契約を提示したともいわれるが、福田の決め手は金ではなく出場機会。ここまでプロ通算13年でレギュラーに定着した経験はなく、規定打席に到達したシーズンは一度もない。

 ちなみに、今季は80試合で打率・259、9本塁打、26打点、9盗塁だった。三顧の礼で迎えられ、FA選手としてレギュラーの座を約束された場合、どれくらい活躍できるのか。

 評論家の山崎裕之氏はこう見る。

「レギュラーとして出場した場合、打率2割6分から2割7分、本塁打20本くらいは期待できるでしょう。俊足も大きな武器になる。盗塁自体はそこまで増えなくても、左打者であることを生かして内野安打で塁に出てチャンスをつくるなど、可能性は広がる。CSや日本シリーズで見せたバッティングの意外性や勝負強さから、走攻守における活躍がマグレでないことは確か。これまでは本領発揮できずにいたかもしれないが、レギュラーになれば、まとまった成績を残せる選手になると思います」

 そして、こう続ける。

「福田本人がレギュラーになりたいという気持ちが大前提にある中で、一番フィットするのは西武。打力重視のチームですが、先読みのできない守備でミスの多い金子侑や打撃が物足りない木村の成績は、福田ならすぐに抜けるでしょう。西武は中堅の秋山が抜けるでしょうし、ただでさえ弱い両翼をカバーするためにノドから手が出るほど欲しい存在です」

 西武はソフトバンクに見劣りしない「4年4億円超」という提示。他球団もこれと同じクラスの条件を出すといわれ、近日中にはヤクルトやロッテとの面談も予定されている。

 調査を進める楽天、残留交渉中のソフトバンクを含めれば6球団の争奪戦になりそうな気配。年俸が安い上、走攻守で安定感のある働きが期待できるのだから、半数の球団が取り合うのも納得か。

関連記事(外部サイト)