西武秋山 死球骨折後のリハビリ開始も海外FAへの影響は?

西武秋山 死球骨折後のリハビリ開始も海外FAへの影響は?

あ痛〜!(C)共同通信社

何とも間が悪いケガである。

 4日、西武の秋山翔吾(31)が所沢でリハビリを開始した。10月31日に行われたプレミア12のカナダ代表との強化試合で死球を食らい、右足薬指を骨折。大会辞退となった。

 メジャー移籍を目指す秋山にとってはさぞ無念だろうが、気掛かりなのが海外FAへの影響だ。メジャーはとにかく故障歴に敏感。徹底的な身体検査の結果、不利な契約を結んだ選手は少なくない。近年でも2015年オフにポスティングでドジャースに入団した前田健太は検査で「イレギュラーな部分があった」とされ、年俸3億8000万円の8年契約。出来高は多くついたものの、高額契約を勝ち取ることはできなかった。

 秋山には複数球団が興味を示しているといわれている。今回のケガで撤退、あるいは安く買い叩かれることはないか。

 スポーツライターの友成那智氏は「ほとんど影響はないでしょう」と、こう続ける。

「肩ヒジや股関節の負傷ならばともかく、足の指ですからね。指でも母指球なら、今後の打撃などに影響が出るかもしれませんが、薬指なのでその心配はないはず。死球という突発的なアクシデントなので、秋山は故障しやすいとか、そうした評価にはなりません。過去のケースでは14年の日米野球で、当時マリナーズに所属していたカノが死球で右足の小指を骨折。3週間程度で完治し、翌年のプレーにもケガの影響は見られなかった」

■17年WBCの例

 秋山は17年のWBCでも、直前の強化試合で右足小指を骨折。それでも大会に出場し、シーズンでもフル出場で首位打者(打率・322)を獲得する活躍を見せた。

「今オフのメジャーのFA市場を見渡すと、秋山のように1番を任せられる中堅手がほとんどいない。複数球団が興味を持っているといわれ、中でも外野の層が薄いパドレスが熱心だといわれている。31歳と年齢が年齢だが、2年総額1000万ドル(約10億8000万円)、最大3年総額1500万ドル(約16億2000万円)の契約は結べるでしょう」(前出の友成氏)

 薬指の痛みが尾を引くことはなさそうだ。

関連記事(外部サイト)