「4年110億円」を捨ててFA市場へ挑む“世界一右腕”男の落とし穴

「4年110億円」を捨ててFA市場へ挑む“世界一右腕”男の落とし穴

スティーブン・ストラスバーグ(C)ロイター/USA TODAY SPORTS

30歳を過ぎたとたんにシビアな評価を受けるメジャーで、ずいぶんと強気に出たものだと海の向こうでも注目を集めている。今年のワールドシリーズで2勝を挙げてチームの初制覇に貢献、MVPに選ばれたナショナルズの右腕スティーブン・ストラスバーグ(31)のことだ。

 17年から23年までナショナルズと「7年約192億5000万円」の契約を結んでいたが、今オフか来オフに破棄してFAになる権利を有していた。つまり残りの「4年約110億円」を捨ててFA市場に出て、それ以上の契約を目指そうということだ。

 ストラスバーグは今季自己最多の18勝(6敗)で最多勝を獲得。防御率は3・32だった。ポストシーズンは5勝負けなしと大舞台での勝負強さも見せつけた。代理人はヤリ手として知られるスコット・ボラス氏。大車輪の活躍でチームを世界一に導いたいまこそ売り時との判断が働いたに違いないが、ただでさえ30歳を過ぎた選手の評価はガクンと落ちるうえ、ボラス氏の交渉術を敬遠する球団も中にはある。

「ナショナルズは他にもボラスが抱える選手が何人かいて良好な関係にありますが、このオフはそのうちのひとりで3番を打つレンドン三塁手もFAになった。資金面で2人とも残留させることは難しく、ナショナルズはレンドンの引き留めを優先するとも聞く。すでに30歳を越え、トミー・ジョン手術を経験した投手に4年110億円以上のカネを積もうという球団が果たしてナショナルズ以外にあるかどうか」とクビをひねるのはア・リーグ西海岸のスカウトだ。

関連記事(外部サイト)