【プレミア12】ベネズエラに辛勝 侍J稲葉監督“球場外の努力”に成果あり?

【プレミア12】ベネズエラに辛勝 侍J稲葉監督“球場外の努力”に成果あり?

まずは1勝(C)共同通信社

5日にプレミア12の初戦を迎えた侍ジャパン。

 28人のメンバー発表直前に複数の辞退者が出た上に、合宿前後にも松井、森原(ともに楽天)、千賀(ソフトバンク)が故障により辞退。侍の核弾頭と位置付けていた秋山(西武)は、カナダとの強化試合で死球を受けてリタイアするなど、アクシデントが続いた。

 先日のカナダとの強化試合は1勝1敗。悲願の世界一に暗雲が垂れ込める中、指揮官である稲葉篤紀監督(47)の奮闘ぶりが伝わってきた。

 プレミア12での優勝を足掛かりに、来年の東京五輪で金メダルを狙う稲葉監督は、合宿がスタートした際のミーティングで「2009年以降はトップチームで世界一になっていない。このプレミアで世界一を取りにいこう」とゲキを飛ばした。史上初のベスト8入りを果たしたラグビー日本代表にも影響を受け、「国歌をみんなが歌う姿に心を打たれた」と話していた。カナダとの強化試合に続き、この日のベネズエラ戦でも、選手、首脳陣は国旗を見ながら、君が代を歌った。

「稲葉監督は選手に対して親しみを込め、誠也(鈴木)などと下の名前で呼ぶことがある。選手との距離を縮めようと、練習時から積極的に声をかけ、雰囲気づくりに励んでいる。前任の小久保(裕紀)さんを参考にしているのでしょう。小久保さんは指導者経験がなかったこともあり、選手の誕生日までチェックし、ミーティングの話題にするなど、選手と壁をつくらず、コミュニケーションをとりやすいようにした。同じく指導者経験がない稲葉監督は17年WBCで打撃コーチを務めており、小久保さんの姿を間近で見て、そのスタイルに共感していました」(球界OB)

■会沢のコールで

 台湾入りしてからも、ラグビーばりの「ONE TEAM」を実現しようと、体を張っている。

 日本選手団は台湾入りした直後の3日、宿舎近くの日式(日本式)焼き肉店で盛大に決起集会を開催した。和牛も堪能できる店で、ムードメーカー役を自任するベテラン・松田(ソフトバンク)の乾杯の音頭で会はスタート。選手たちは思い思いに肉を焼き、野球談議に花を咲かせた。会の途中には、もう一人の盛り上げ役である会沢(広島)が、稲葉監督に向けて「一気コール」をし始めたという。

「稲葉監督は下戸で、ソフトドリンクを口にしていたのですが、酒の入ったグラスを果敢に一気飲み。参加していた選手や裏方から、拍手喝采を浴びていました」(代表関係者)

 この日のベネズエラ戦では投手が奮闘、打線も八回に一挙6得点、勝利を収めた。世界一を目指す稲葉監督の思いは、どこまでナインに浸透するのか。

関連記事(外部サイト)