ヤクルト移籍秒読みも…楽天・嶋に「捕手は厳しい」とOB指摘

嶋基宏のヤクルト移籍が秒読み段階に 「捕手としては厳しい」ヤクルトOBは厳しい見方

記事まとめ

  • 楽天から事実上の戦力外通告を受けた嶋基宏のヤクルト入りが秒読み段階だという
  • しかし「捕手としてはもう厳しいよ」などと、ヤクルトOBは厳しい見方をしている
  • 嶋は肩の衰えが著しく、今季は開幕から26回連続で盗塁を許すなどフリーパス状態だった

ヤクルト移籍秒読みも…楽天・嶋に「捕手は厳しい」とOB指摘

ヤクルト移籍秒読みも…楽天・嶋に「捕手は厳しい」とOB指摘

いまやフリーパス状態(C)日刊ゲンダイ

「真面目でリーダーシップがあり、人間的には申し分のない選手だとは思う。ただ、正直、捕手としてはもう厳しいよ」

 ヤクルトOBは厳しい見方をしている。楽天から事実上の戦力外通告を受け、ヤクルト入りが秒読み段階に入っている嶋基宏(34)について、

「戦力として計算するのは難しい。ヤクルトは正捕手の中村悠平(29)が10月に右ヒジのクリーニング手術を受けた。来季には影響ないものの、首脳陣は特にリード面に物足りなさを感じている。今季の12球団ワーストのチーム防御率4・78は、捕手の責任も大きいという認識だ。そこで経験豊富な嶋を獲得し、バッテリー強化を図ろうという算段なのだが、今の嶋には荷が重いだろうね」

 と言うのである。

 実際、13年目の今季は一軍出場57試合で打率・209、3本塁打、15打点。特に肩の衰えが著しく、開幕から26回連続で盗塁を許すなど、盗塁阻止率は・070とフリーパス状態だった。腰痛の影響もあったとはいえ、二軍でも走られ放題とあっては、楽天の石井GMも減額制限を大幅に超えるダウン提示をし、肩を叩くしかなかったろう。

 2013年に正捕手として楽天を球団初の日本一に導き、選手会会長まで務めた功労者はそれでも、出場機会を求めたい、と移籍を選んだ。そのチャンスが新天地のヤクルトにあるかどうか。厳しいことに変わりはない。

関連記事(外部サイト)