【プレミア12】東京五輪エースは侍J“専売特許”のサブマリン高橋礼で決まり

【プレミア12】東京五輪エースは侍J“専売特許”のサブマリン高橋礼で決まり

圧巻の低さ(高橋礼)/(C)共同通信社

和製サブマリンが世界にその名を知らしめた。

 ソフトバンクの高橋礼(24)が6日、プレミア12のプエルトリコ戦に先発し、6回1安打1四球で無失点。六回途中までひとりの走者も許さず、奪ったアウト18個中、ゴロアウトが14。外野フライさえ打たれなかった。

 近年の日本代表に名を連ねるアンダースロー投手の系譜。彼らが欠かせない存在であることは、歴代サブマリンたちの成績が雄弁に語っている。

 2006、09年WBCに出場した当時ロッテの渡辺俊介は、2大会合わせて5試合に投げ、勝ち負けなしの防御率1・72。06年は主に先発として、09年は中継ぎとしてジャパンの連覇に貢献した。

 13、17年のWBCで活躍したのが、当時西武の牧田和久だ。リリーフとしてブルペンを支え、計8試合で2勝無敗3セーブ、防御率2・00。牧田は15年の第1回プレミア12にも出場しており、2試合で無失点の活躍を見せた。

 アンダースローは日本の専売特許というわけではないが、世界中を見渡しても数が少なく、打者も対戦機会が限られる。いくらデータを集めたところで、地面スレスレから浮き上がるボールを初見で打つのは至難の業。まさに一発勝負の国際試合にうってつけのタイプである。

 代表デビュー戦で自身初白星を手にした高橋は試合後、「打ちたくなるコースを狙って、芯を外すピッチングができた」と、笑顔。来年の東京五輪のエースは、このサブマリン右腕で決まりだ。

関連記事(外部サイト)