“伝説のコーチ”内田順三氏が初激白「阿部慎之助は指導者の資質がある」

“伝説のコーチ”内田順三氏が初激白「阿部慎之助は指導者の資質がある」

秋季練習での阿部二軍監督(C)日刊ゲンダイ

今季限りで現役を引退し、指導者として再スタートを切った巨人の阿部慎之助二軍監督(40)。現在ジャイアンツ球場で行われている二軍の秋季練習では、連日ノックの嵐を浴びせ、自ら打撃投手を務めるなど、若手と一緒に汗を流している。

 いずれは一軍監督というのが既定路線。そんな未来のトップの「育ての親」といわれるのが、今季まで巨人の巡回打撃コーチを務めた内田順三氏(72)だ。

 現役引退後、1983年から37年間、広島と巨人で交互に打撃コーチなどを歴任。巨人では松井、高橋由、阿部、広島でも前田智や金本ら数多くの名選手を超一流に押し上げてきた。そんな「名伯楽」が阿部二軍監督に、指導者としての心構えなどメッセージを送った。

 ◇  ◇  ◇

■由伸は気の毒だった

 阿部は長く捕手という扇の要を務めた。球界を代表する打者にして球史に名を刻む捕手。外野手としてみんなの背中を見ているのと、全体を見渡してきた捕手とでは野球観が違う。歴史上、捕手出身の監督はあまり失敗していない。野村さん(ヤクルトなど)、森さん(西武)、上田さん(阪急)、伊東(西武など)……。苦労したけど、古田(ヤクルト)もそうだ。

 ジャイアンツの監督はスター選手がなる。(高橋)由伸は現役を引退していきなりだったから気の毒だった。阿部が二軍で泥にまみれて一緒に勉強するのはいいと思う。これまでの巨人の監督は上(一軍)しか見ていなかった。二軍は勝ち負けより育成の場。いきなり一軍の監督をやるより、思い切ったことができる。

■選手の気質が変化している

 阿部はアナログな一面を持ち合わせている。

 捕手だからデータや科学的な数値は大事にする。一方で、(2012年)日本シリーズで沢村の頭をポカンと叩いたでしょう。あれはパフォーマンスなんだろうけど、昨年あたりからパワハラ問題がどんどん噴出して、我々指導者は正直なところ、身動きが取れなくなっている。

 もちろん殴るのはダメ。でも、言葉で注意するのは難しいこともある。選手の気質も変わってきている中、ああいう「強さ」みたいなものを注入するのも必要だと思う。

 言葉で理解させるのは大事。でも行動でアドバイスするのも大事。プロでも「習うより慣れろ」というところはある。自主性はもちろん大事だが、やらせないといけないこともある。二軍監督には厳しさも求められる。阿部はそれができる男だ。

■新人時代に遅刻で正座

 こんな思い出がある。

 2001年、中大からドラフト1位で入団した阿部が新人時代のことだ。開幕から正捕手を務め、疲労がピークに達した夏前のこと。ビジターで練習量が減る横浜スタジアムや神宮で試合がある日は、若手がジャイアンツ球場に集合し、「朝練」を行っていた。10時半開始で打撃練習を行うのだが、夏前のある日、当時の長嶋茂雄監督に「慎之助は朝練を休ませたらどうかな」と言われた。

 きついのは分かるが、私は「このままやらせます」と言い、「他の若い選手に分からないように時間を短くしたり、こちらから話をしながらスイング量を減らすなど配慮はします」とお願いした。特別扱いするのは阿部のためにならないと思ったからだ。長嶋監督は「分かった〜」と了承してくれ、以後二度と言わなかった。

 ある日、ナイター明けの阿部が朝練に10分ほど遅刻してきた。私は室内練習場のケージ横に正座をさせたまま、打撃練習を見学させた。今の時代なら「パワハラ」で即クビだろう。プロの世界に入ったのだから、1分、1秒の大切さを自覚して欲しかった。

 人懐こくて素直な性格。バットの返しが早いなと思い、「大きなソフトボールを打ってみたら?」と勧めたことがある。バットに乗せる感覚を思い出すためだ。

 すると、すぐに自分でソフトボールを買ってきてロングティーをやっている。「うまく振り抜かないと、ドライブがかかって、うまく回転していかないんですよ」と言いながら、試行錯誤。非常に貪欲だった。「体を前に出さないために、こんな練習法があるよ」と進言した「ツイスト打法」もすぐにトライ。マスターしたことで2000安打を達成した。引き出しが多いだけに、若い選手に分かりやすく伝えられる指導者になると思う。

(取材・構成=増田和史/日刊ゲンダイ)

▽うちだ・じゅんぞう 1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退後、83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。巡回打撃コーチだった今季限りで巨人を退団。初めてユニホームを脱ぐことになった。

関連記事(外部サイト)