大谷の二刀流復活を後押し エンゼルス新投手コーチは「TJ手術」経験者

大谷の二刀流復活を後押し エンゼルス新投手コーチは「TJ手術」経験者

新投手コーチのキャラウェイ氏(右)就任で、大谷(=共同)は投手復帰に不安なし (C)ロイター/USA TODAY Sports

エンゼルス・大谷翔平(25)の直属の上司が決まった。

 10月に招へいしたジョー・マドン監督(65)に続き、投手コーチは、今季までメッツで監督を務めたミッキー・キャラウェイ氏(44)の就任が日本時間6日、決まった。

 メッツの指揮官としては結果を残せなかったキャラウェイ氏だが、2017年まで所属したインディアンスでは投手コーチとして手腕を発揮。当時の実績を考慮すると、二刀流完全復活を目指す大谷にはうってつけの人材と言ってよさそうだ。

 自身も現役時代にトミー・ジョン(TJ)手術を受けた経験から、同じ手術を受けた投手を相次いで再生させた。11年に右肘にメスを入れて復帰後しばらくはくすぶっていたカルロス・カラスコを17年に最多勝を獲得するまでに復活させたのが代表例。キャラウェイ氏の手腕もあって、インディアンス投手陣は13年から5年連続でチーム防御率3点台と安定した。

 さらに、キャラウェイ氏は投手ごとに投球スタイルや球種の見直しを図り、当時のインディアンスには使い手が少なかったカーブをマスターさせた。速球派が多かった投手陣はカーブをマスターして投球の幅が広がり、エース右腕のクルーバーは多彩な変化球を駆使して2度のサイ・ヤング賞(14、17年)を獲得している。

 昨年10月の右肘に加えて、今年9月に左膝の分裂膝蓋骨の手術を受けた大谷は、今月下旬にもブルペンでの投球練習を再開する見込み。新投手コーチも視察する予定で、複数の地元メディアによれば、二刀流復活に向けて、大谷と球種の見直しに着手するという。

 大谷は1年目の18年は全球種のうち、カーブの割合がわずか6・6%にとどまった。どちらかと言えば、決め球ではなく見せ球として使ってきた。

 キャラウェイ氏によって投球の幅が広がれば、二刀流としての完全復活が期待できそうだ。

関連記事(外部サイト)