「尿検査受けてます」 清原氏の球界復帰支援に萩生田文科相の名前

「尿検査受けてます」 清原氏の球界復帰支援に萩生田文科相の名前

「悔いのないように」と激励する清原和博氏(C)日刊ゲンダイ

3年ぶりの“現場復帰”を果たした。

 7日、日米選手を対象にした「ワールドトライアウト2019」の予選会で清原和博氏(52)が「監督」を務めた。紺色のスーツ姿でグラウンドに入ると、参加選手の前で挨拶。試合中は真剣な表情でメモを取る場面もあった。

 16年に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されて以来の“球界復帰”。球場には平日にもかかわらず、約300人の観客が集結した。執行猶予中の身でありながら、これを皮切りに続々と仕事が舞い込んでいる。

 今月17日には沖縄県で開かれる「FM沖縄ドリームマッチ」に出場予定。岩瀬仁紀氏や和田一浩氏らと共に、浦添市内の少年少女野球チームと対戦し、逮捕後初のユニホーム姿を披露するという。

 今月30日にはワールドトライアウトの本選に出向き、その翌日、12月1日には東京都内で開かれる「レジェンドベースボールフェス」に参加。佐々木主浩氏や清原氏と同じPL学園OBの宮本慎也氏らと野球教室に出席する。

 この野球教室、主催は一般財団法人Green Seed BB Foundation。今年1月、清原氏のPL学園の後輩で現役時代には個人マネジャー的役割を務めた野々垣武志氏(48)が、ジュニア育成や元プロ野球選手のセカンドキャリア支援などを目的に立ち上げた財団だ。

 今後、清原氏の社会復帰を中心的に支えていくとみられているが、この財団の最高顧問を務めるのは、なんと萩生田光一文部科学大臣。野球教室の共催には八王子市教育委員会も名を連ねている。

 現役大臣や教育界からの後押しも受け、着実に復帰への階段を上っている清原氏。来年6月には執行猶予が明ける。トライアウト終了後には、6日に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された元タレントの田代まさし容疑者について聞かれ、「自分は病院の治療とグループミーティングに参加してます。3年半休んだことはありません。毎回尿検査も受けています」と薬物との断絶を誓っていた。

関連記事(外部サイト)