“伝説のコーチ”内田順三氏が提言 阿部慎之助二軍監督は「良き参謀を見つけて」

“伝説のコーチ”内田順三氏が提言 阿部慎之助二軍監督は「良き参謀を見つけて」

まずは成功例を(阿部二軍監督)/(C)日刊ゲンダイ

37年間にわたって広島と巨人で打撃コーチなどを歴任。巨人では松井、高橋由、阿部、広島でも前田智や金本ら数多くの名選手を超一流に押し上げてきた「名伯楽」、内田順三氏(72)がコーチ哲学などを語った。

 ◇  ◇  ◇

 長い指導者人生で、気をつけていたことがある。

 阿部慎之助二軍監督(40)も意識しなければならないが、育成が主な狙いである二軍では、どの球団でも選手にA〜Cといったランクをつけている。これはドラフトの順位や球団の期待値だが、中には将来有望な若手に付きっきりになるコーチもいる。それでは失格だ。

 どんな選手でも見捨てずに接すること。もちろん、全員が松井や(高橋)由伸や阿部になれるわけではない。そこで、それぞれの選手の生かし方を考える。一軍の主力、レギュラーになれなくても、代打、守備固め、代走で生きる道はないだろうか。一芸に秀でた選手をつくるのも、指導者の大切な仕事である。

 よく「コミュニケーション」として選手と食事をしたり、酒を飲む首脳陣がいるが、私はグラウンド外で選手と付き合わないように努めた。若い選手に恩を売っているようになるのがイヤだった。選手を弟子のような関係にして「言うことを聞け」なんてコーチングとは言えない。基本的に指導はグラウンドでユニホームを着ている時のみ。これは長い間、心掛けていたことだ。

 指導者には「成功例」が何よりの良薬となる。私の場合、一番最初の広島の打撃コーチ時代に指導した正田が2年連続(1987、88年)首位打者、小早川らが一本立ちしてくれたおかげで、指導者として自信がついた。その後、巨人の長嶋茂雄監督に声を掛けていただき、94年から縁もゆかりもない巨人のコーチになることができた。

 一軍の監督に就任するのが既定路線なら、阿部に意見を言う人はどんどん少なくなるだろう。それでも周囲にイエスマンのコーチばかりを置くのは破滅の始まりだ。裸の王様にならないように、助言、時には苦言を呈してくれるような良き「参謀」を早く見つけて欲しい。 =おわり

 (取材・構成=増田和史/日刊ゲンダイ)

関連記事(外部サイト)