ヤ軍マイナーからFA 加藤豪将の市場価値は筒香&秋山より上

ヤ軍マイナーからFA 加藤豪将の市場価値は筒香&秋山より上

3Aで83試合に出場している加藤(C)共同通信社

ヤンキースの2013年ドラフト2巡目指名で、傘下のマイナーでプレーしていた加藤豪将(25)が7日(日本時間8日)までにFAになった。今季は主に3Aで83試合に出場し、打率2割7分9厘、11本塁打、39打点、8盗塁。今季はロースター枠が拡大する9月の昇格も検討されたが、地区優勝争いをしていたチーム状況もあって見送られた。

 加藤のFA権取得は単なるマイナーリーガーの去就にとどまらない。今オフ、メジャー移籍を目指す西武・秋山、DeNA・筒香の両外野手の動向にも影響しかねないという。

「加藤は今後、他球団との交渉も可能になるものの、今回のFAは形式的なもので、ヤンキースは加藤と再契約する方針です。今季、他球団から加藤へのオファーが少なくなかったため、ヤンキースはトレードの目玉と位置付けている。内野だけでなく、外野も守れるユーティリティーだけに、興味を示す球団は少なくない。25歳と若く、年俸も安い加藤なら、億単位のカネが必要な日本人野手を獲得するよりもリスクは少ない。今オフ、外野手の補強に動く球団は筒香や秋山よりも、加藤獲得を優先するでしょう」(ア・リーグスカウト)

 本職は二塁だが、13年の入団以来、外野の全ポジションを一通り経験した。今季も3Aで左翼の守備に2試合(計16イニング)就いている。

「加藤は入団以来、ユーティリティーとして育成され、マイナーのキャンプでは内野と並行して外野守備にも取り組んできた。守備での不安は少ないうえ、今季3Aで打率2割7分台をマークしているだけに、メジャーの投手に慣れれば同程度の数字を残せるのではないか。同じメジャー経験のない選手でも、2人の日本人外野手よりは適応に時間はかからないでしょう」(前出のスカウト)

 筒香、秋山ともに、加藤の動向から目を離せない。

関連記事(外部サイト)