プレミア12で大活躍 鈴木誠也が明かす“メジャー流”打撃論

プレミア12で大活躍 鈴木誠也が明かす“メジャー流”打撃論

絶好調!(C)共同通信社

世界の壁を感じさせない。

 プレミア12の台湾ラウンドで3連勝した侍ジャパン。その3試合で2本塁打9打点と大暴れしたのが鈴木誠也(25=広島)だ。

 シーズン中はチームで主軸を任される選手も、国際試合になると苦戦を強いられることは珍しくない。不慣れなグラウンドや球場の雰囲気が主な原因とされ、台湾戦は完全なアウェーだった。

 しかし、鈴木はそんなハンディを苦にせず、結果を残している。その原点には、かつて観賞していたメジャーリーガーの映像がある。米球界で活躍するスラッガーたちの動画を「ユーチューブ」で繰り返し研究。エンゼルスの主砲であるマイク・トラウトの打撃フォームを参考にしていた時期もある。もともとメジャーへの関心が高く、3年前には「野球をやっている以上は上の世界に興味がある」と発言。メジャースカウトも打撃技術やパワーなどを高く評価している。

■「日本はキレイな形にこだわる」

 鈴木は、動画で一流メジャーリーガーを見るうちに、ある共通点に気付いたという。本人が語る。

「日本はキレイなバッティングフォームや形にこだわりがちじゃないですか。でも、メジャーの選手はそういうのを気にせずに打っている。個性的な打ち方の選手がいたら、主軸の選手じゃなくても、どうやって打っているんだろうと気になって映像で確認することがありますね。バッティングの形って打席では関係ないというか、結果が出ればいいわけで、(フォームに関しても)バットがトップに入ってしまえば、どんな形であれ崩されたとしても、同じかなと思っているんです。だから打撃練習でも形をあまり気にせず、風とか球場の雰囲気とか、本番を想定してやっています」

 メジャー挑戦を視野に入れた選手が渡米に向けてフォームを変えたりすることはあるが、鈴木の場合は思考そのものがメジャー流。打撃の自由度が高いから、国際試合や大リーグではスタンダードとされる「動く球」も苦にしないのだろう。

 その鈴木は昨10日、11日の豪州戦に向け、試合会場であるZOZOマリンで調整。決勝ラウンドでも打ちまくるか。

関連記事(外部サイト)