BIG3匹敵の有望株 巨人ドラ1堀田の母が語る弱点克服秘話

BIG3匹敵の有望株 巨人ドラ1堀田の母が語る弱点克服秘話

「最終的には東京ドームで投げる」と目標を語った堀田賢慎投手(C)共同通信社

先のドラフトで指名された巨人の新人8人が21日、施設見学を行った。

「整っていて素晴らしい」と目を輝かせたのは、最速151キロの本格派右腕・堀田賢慎(青森山田高=18)。外れ外れ1位ながら、巨人のスカウトが「BIG3」の一角である「佐々木や奥川に匹敵する潜在能力を秘めている」と言う有望株だ。

 185センチ、80キロの恵まれた体格。原監督は指名直後に「まさに本格派。体も智之くらいあるんじゃない? バランスのいい素晴らしい投手」と言い、長谷川スカウト部長も「去年6位で指名した戸郷も大事なところで投げている。去年の戸郷と堀田君で言えば、順位だけでなく、堀田君の方がはるかに可能性は高い」と大きな期待を寄せる。

 欠点は「食の細さ」だった。母の有里さんはこう言った。

「子供の頃から食が細くて、普通なら子供が食べそうな果物なんかも全然食べないんです。仕方なく、お菓子とか食べられるものを食べさせていました。中学時代の花巻シニアは『食育』を指導されていて、『1食おにぎり5個』というノルマがあったんですが、食べられないので1個を小さく作ったら、バレて怒られたり……。そんな感じだから、身長は伸びても、体重がなかなか増えませんでした」

 転機はちょうど1年前に訪れた。高2の秋、青森大会準決勝の八戸学院光星戦で17失点。これで目が覚めた。冬の間に1日6食に食事量を増やし、トレーニングで肉体改造を敢行。10キロ以上の増量に成功した。

「正月に会った時から久しぶりに春の大会で会うと、体が大きくなっていてビックリした」と有里さんが驚くほどに生まれ変わり、球速も10キロ以上アップ。前出のスカウトは「プロの体になれば、一軍デビューまでそんなに時間はかからないのではないか」と言う。

 巨人のチームづくりは、これまで大枚をはたくFA補強などが優先されてきた。それが、このオフは山口のポスティングによるメジャー移籍が濃厚となり、FA戦線では美馬に振られた。さらに来オフにはエース菅野もポスティングで海を渡る可能性がある。「メシ」という弱点を克服した堀田は、かつてない大きなチャンスの中での入団になる。

関連記事(外部サイト)