ブルージェイズ山口俊が入団会見で言い放った「マグワイア止まり」発言の波紋

ブルージェイズへの移籍が決まった山口俊が入団会見 「反発を招きかねない」と指摘も

記事まとめ

  • 山口俊は、ポスティングシステムでブルージェイズへの移籍が決まった
  • 対戦したい打者について「僕の中ではマーク・マグワイアで止まっている」と発言
  • 「何も知識がないのではないかと取られ、無用の反発を招きかねません」との指摘も

ブルージェイズ山口俊が入団会見で言い放った「マグワイア止まり」発言の波紋

ブルージェイズ山口俊が入団会見で言い放った「マグワイア止まり」発言の波紋

会見では始終笑顔が絶えなかった山口俊だが…(C)共同通信社

先が思いやられる船出である。

 ポスティングシステムでブルージェイズへの移籍が決まった山口俊(32=前巨人)が15日(日本時間16日)、本拠地トロントのロジャーズ・センターで入団会見。ブルージェイズを選んだ理由を「唯一、カナダの球団。1チームだからこその偉大さはあると思う。そういうチームでプレーしたいと思った」と説明した。

 米メディアから元幕内力士の父親と同じ相撲を選ばなかったことを問われると「大人になるにつれ、お尻を出すのが恥ずかしくなった。それで野球の道に」と話し、笑いを誘った。メジャーで対戦したい打者について話が及ぶと「僕の中ではマーク・マグワイアで止まっている」と、1980年代後半から90年代中盤にかけてメジャーを席巻したスラッガーの名前を口にした。

 サミー・ソーサとの本塁打王争いは日本でも注目を集めたが、マグワイアが引退した2001年以降も強打者は続々と生まれている。これからメジャーに挑戦しようという選手が現役選手を知らないようでは、地元メディアやファンから反感を買うことにならないか。

「会見の模様や、地元紙の報道を見る限り、山口はオトボケキャラを演じていました。山口がメジャー挑戦を表明して以降、17年に起こした暴行事件が米国やカナダでも報じられており、こわもてのイメージを和らげるために、くだけた会見にしたのでしょう。マグワイアの件もトロントの記者たちの受けを狙ったつもりだと思いますが、現役選手でもトラウト(エンゼルス)、ハーパー(フィリーズ)の他、同地区のジャッジ(ヤンキース)、ベッツ(レッドソックス)ら、強打者はいくらでもいる。彼らの名前を口にしなかったのは、新しい職場に関して何も知識がないのではないかと取られ、無用の反発を招きかねません」(スポーツライター・友成那智氏)

 レンジャーズ時代のダルビッシュ(現カブス)は渡米1年目のオープン戦初登板で、バックスクリーン直撃の二塁打を浴び、「そんなに捉えられたという感じはしなかった」とコメント。これに相手打者や米メディアから「敬意を欠いた発言で、潔くない姿勢だ」などと、批難が殺到した。報道陣への対応が、ぶっきらぼうだったこともあり、デビューを前に自ら逆風を招いた。

 トロントの印象について「気温は寒いけど、人は温かい」と話した山口。地元ファンを敵に回さないためにも、言動には要注意だ。

関連記事(外部サイト)