昨秋から5kg増も…ロッテ佐々木朗希が四苦八苦する食との格闘

昨秋から5kg増も…ロッテ佐々木朗希が四苦八苦する食との格闘

入寮時の佐々木朗希(C)日刊ゲンダイ

「少しずつ増やしていっている段階で、今は88キロです」

 17日、ロッテ1位の佐々木朗希(大船渡)が合同自主トレ終了後、昨年は一時83キロだった体重が5キロ増えたことを明かした。

 練習前の座学では、球団の近藤栄養士が栄養学の観点から食事について講義した。食事の重要性を再認識した佐々木は日々、球場や寮で食事と格闘している。

「少しずつ食べられるようになっています。後半はつらくなりますけど、今は苦痛ではないです」

 こう話した佐々木は、もともと食が太い方ではないという。高校時代、体を大きくするために、白飯を2合ほど食べた時期もあったが、昨秋、韓国で行われたU18では食事が合わず、体重が数キロ減った。寮の食事は夕食ともなると主菜、副菜、フルーツなどを含めて5〜6種類はある。おかずの量は決められているし、白飯はどんぶり茶碗。かなりの量である。

 近藤栄養士によると、現時点では明確なカロリー数は指示しておらず、前日の体重から落とさなければいいとのこと。

「座学では熱心にメモを取るなど向学心旺盛。食事も栄養バランスのことを気にかけているので、栄養士の人に質問している姿をよく見かけます」(チーム関係者)

 同じ岩手出身の大谷翔平(現エンゼルス)も、もともとは少食で、体を大きくするのに苦労したクチだ。が、プロ入り後にはサプリメントを独学で研究するなど、肉体を強化した。プロで成功するには食との戦いにも打ち勝たなければならない。

関連記事(外部サイト)