米野球殿堂入り確実視も イチローの得票率が伸びそうにない根拠

米野球殿堂入り確実視も イチローの得票率が伸びそうにない根拠

イチローの実績は文句はないが…(C)共同通信社

米国では“犯人捜し”すら行われている。元ヤンキース主将のデレク・ジーター(45)が、野球殿堂入りしながら満票ではなかったことが波紋を呼んでいるのだ。

 2014年にユニホームを脱いだジーターは資格1年目で順当に選出。事前の予想では昨年のマリアノ・リベラに次ぐ史上2人目の満票が確実視されたが、1人だけ投票しなかった全米野球記者協会(BBWAA)会員がいたため、得票率は99・7%だった。

 米野球殿堂はMLBで10年以上プレーした選手が、引退後5年を経過すれば対象となる。今回、ジーターは100%の得票率に届かなかったが、11日付のCBSスポーツ(電子版)は、将来的に満票での殿堂入りが予想される7人のうちの1人に、昨年3月の日本開幕戦を最後に引退したイチロー(46=現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)を挙げている。

 イチローが殿堂入り資格を得るのは2025年。10年連続200安打など、実績はケチのつけようがない。殿堂入りは確実視されるものの、米メディアの見込み通り、満票を得られるのか。

「ジーター同様、資格1年目で選ばれるのは当然としても、得票率は伸びないと思う。現役時代のイチローの打撃スタイルは記者によって好みが分かれるからです。スモールボール好きからは支持を集めそうですが、OPS(出塁率プラス長打率)信奉者の票は望めないのではないか。打線を牽引してチームをポストシーズン進出に導いた01年のMVP投票ではイチローの機動力に魅了された東海岸の記者の票が集まり、一発長打を好む西海岸の記者の多くはジオンビー(当時アスレチックス)に入れたといわれています」

 とはスポーツライターの友成那智氏だ。

関連記事(外部サイト)