神宮球場の一塁側ベンチで野村監督が語った“理想の死に方”【名将・野村克也 ボヤキの内幕】

【野村克也さんが死去】ヤクルト監督時代に「ベンチで死にたい」と理想の死に方を語る

記事まとめ

  • 野村克也さんはヤクルト監督時代、「ベンチで死にたい」と理想の死に方を語っていた
  • 『野球しかない』人生で、野球と心中したっていいという思いだったらしい
  • 野村克也さんの趣味はカラオケくらいで、酒はほとんど飲まずゴルフは嫌いだったという

神宮球場の一塁側ベンチで野村監督が語った“理想の死に方”【名将・野村克也 ボヤキの内幕】

神宮球場の一塁側ベンチで野村監督が語った“理想の死に方”【名将・野村克也 ボヤキの内幕】

ヤクルト監督時代の野村克也氏(C)日刊ゲンダイ

【名将・野村克也 ボヤキの内幕】#1

「優勝決めた瞬間、ベンチで死んでいる。みんなが気づいたら死んでいた、っていうのがいいね」

 ヤクルト監督時代の神宮球場、一塁側のベンチで、野村監督がポツリとこう言った。

「最後までユニホームを着て死にたい。理想やな。え、無理か」と言って、含羞の笑みを浮かべた。

 試合前のことだった。監督は、練習を見ながら報道陣を相手にすることが多かった。この日も、話題がたまたま「理想的な死」になって、「ベンチで死にたい」発言が飛び出した。

 前年の1993年、ヤクルトは15年ぶりで日本一を決めていた。野村ヤクルトが誕生して4年目。森西武を相手に、シリーズを制覇して、チームも全盛期だった。

「1年目で耕し、2年目に水やり、3年目で優勝」というのが、就任前の抱負だった。その目標が達成され、監督も「生涯一捕手」から、「生涯野球人」へ覚悟を決めた、というのを教える談話だった。

「ベンチで死ぬ」裏に、日本一の味があった。野球人として究極の夢は優勝、日本一である。西武を倒して日本一になったとき、監督はしみじみとした口調で言った。

「日本一がこんなにいいものとは思わなかった。森(当時の西武監督)のやつ、こんなのを何度も味わってたんやな」

 1977年限りで南海を退団したとき、野村監督は「生涯一捕手」を座右の銘とした。トラブルまみれの退団で、もう監督などやらない、要請などあるわけがない、と考えていた。それが、ヤクルトから監督依頼が来た。自分の経験を生かして、最下位常連球団を日本一に導き、指導者として頂点を極めた。

 単に一捕手でなく、一野球人へ。「おれには野球しかない」。野球と心中したっていい、という思いが「ベンチで死ぬ」発言を生んだと思う。優勝、日本一を達成して周囲は監督を絶賛した。それは結果に対する当然の評価で、監督自身にも大きな見返りがあった。

 振り返れば、テスト生で入団。ブルペンで投手の球を受けるだけの「壁」といわれ、戦力外で雇われた選手が、戦後初の三冠王を取り、プレーイングマネジャーまで上り詰めた。一度は頂点に立ちながら、「女をとるか野球をとるか」と迫られるようなトラブルを起こして解任。それが、思わぬ監督復帰。最下位球団を導き、日本一という結果を生んだ。

沙知代夫人に壊された携帯電話

 趣味といえば、カラオケくらい。道楽で豪華な時計収集、クルマはベントレー。酒はほとんど飲まず、ゴルフは嫌い。女性は好きだったが、沙知代夫人が怖かった。

「おれの携帯、なんぼ壊されたかわからん」と、こぼしたことがある。携帯電話がチェックされる。女性の名前があると「すぐに放り投げるんや」という恐妻だったが、この話を目じりを下げ、照れながら打ち明ける。

 野村監督には「野球しかない」人生だった。

「優勝の瞬間、ベンチで死ぬのが理想」と言ってから、さらに「で、葬式でな」と、こう続けた。

「棺桶のフタ開けてな、こう、だれが来てるか見るんや。おう、あいつ来とるか、よしよし。ん?なんやアイツ来とらんやないか。調子のいいこと言いおって、そういうやつやったんやな」

 記者のほうを見て、ニヤリとした。

 監督の葬式は、身内の者だけでと、長男の克則氏が言っていた。一般にはお別れの会で、ということになる。

「棺のフタを開けて見る」ことはできない。

 倒れていたのは、風呂の中だったという。ベンチで、優勝決定の瞬間に、というわけにはいかなかった。

 風呂の中で、と聞いて、なんともいえない気持ちになった。せめて、穏やかな温かさに包まれて、苦しまず逝かれた、と思いたい。

(林壮行/元 日刊ゲンダイ運動部長)

関連記事(外部サイト)