巨人・丸が初実戦2安打の貫禄 S班でも見せていた“決定的違い”

巨人の丸佳浩が紅白戦で貫録見せつける 原辰徳監督「チームの手本」と最敬礼

記事まとめ

  • 巨人の丸佳浩が宮崎1次キャンプ最終日、紅白戦で貫禄を見せつけた
  • 原辰徳監督は「チームの手本という形で出てくれるのが非常に大きい」と最敬礼
  • 山崎巡回打撃コーチは「どんな練習も実戦のように一球一球丁寧に振っている」と述べた

巨人・丸が初実戦2安打の貫禄 S班でも見せていた“決定的違い”

巨人・丸が初実戦2安打の貫禄 S班でも見せていた“決定的違い”

初実戦で貫録の2安打を放った丸(右)/(C)日刊ゲンダイ

巨人の丸佳浩(30)が宮崎1次キャンプ最終日の13日、紅白戦に「3番・中堅」で出場。いきなり2安打を放ち、貫禄を見せつけた。

 実戦初打席となった初回に右中間を破る二塁打を放つと、2打席目も初球を右前へ運んだ。

 今キャンプは、坂本らと独自調整が認められる「S班」でスタート。ファームの若手に交じって調整した。室内練習場では連日1時間以上の打ち込みを敢行。丸は、「1打席目からいいスイングができるように(フォームを)固めてきた。やってきて良かった」と汗を拭った。1打席目はカーブだったが、「ある程度ストレートを待っている中で反応できた」と涼しい顔。原監督も、「チームの手本という形で出てくれるのが非常に大きい」と最敬礼である。

 広島から巨人へFA移籍した昨季は打率・292、27本塁打、89打点の成績を残した。そんな丸の動向を気にかけている選手がいる。広島の鈴木誠也(25)である。

 昨季は打撃全部門でチーム最高成績を残し、首位打者(・335)、最高出塁率(・453)の2冠。プレミア12では日本の4番として世界一に貢献し、MVPを受賞した。広島のさるチーム関係者がこう言う。

「広島の日南キャンプを訪れた巨人の関係者を見つけるや、誠也は『丸さんはどうですか?』と聞いた。『S班という特別班で(バットを)振りまくってるぞ』と返されると、『あの人は放っておいたら、いつまでも振っていますから』と納得していた。誠也は一軍に定着する前、丸に弟子入りして自主トレも一緒にやった。敵になった今でも“元師匠”が気になるんでしょう」

 確かに、丸がFA移籍した1年前のキャンプでも、「丸さんは巨人で周囲をギャフンと言わせるほど活躍をして欲しい」と日刊ゲンダイに語っていた。

 丸はS班で何をやっていたのか。巨人の山崎巡回打撃コーチはこう証言する。

「自分のルーティンがしっかりあって、野球に取り組む姿勢がファームの若い選手には参考になったのではないか。見ていると、どんな練習も実戦のように一球一球丁寧に振っている。これは、なかなかできそうでできない。そこが他の選手との決定的な違いです」

■二軍で若手に助言

 松本二軍外野守備走塁コーチはこう言った。

「こちらから頼んだわけではないのですが、ノックを一緒に受ける若い選手に『こうした方がいいんじゃないか』とポジショニングや打球への入り方などをさりげなくアドバイスしてくれていました。あれだけ実績のある選手が言うと、説得力が違いますから」

 三冠王に最も近い男といわれる鈴木が気になってしょうがない“丸先輩”。今季はこの2人が打撃部門でしのぎを削りそうである。

関連記事(外部サイト)