大谷にマドン監督から厳しい要求が…不安は右肘より貧弱な下半身

エンゼルス大谷翔平に監督が緻密なプレーを要求 右肘以上に下半身に不安も

記事まとめ

  • エンゼルス大谷翔平にジョー・マドン監督が緻密なプレーを要求した
  • 大谷によれば、守備全般を「練習からやってほしい」と言われたという
  • 大谷はもともと、両足首の関節が緩く、日ハム時代には右足首を負傷している

大谷にマドン監督から厳しい要求が…不安は右肘より貧弱な下半身

大谷にマドン監督から厳しい要求が…不安は右肘より貧弱な下半身

二刀流復帰の近道は…(C)共同通信社

5月中旬にも二刀流に復帰するエンゼルス大谷翔平(25)が、新しいボスから緻密なプレーを求められた。

 バッテリー組がキャンプインした12日(日本時間13日)のミーティングで、今季から指揮を執るジョー・マドン監督が投手陣に対し、ディフェンス面のレベルアップを要求したのだ。

 大谷によれば「クイックとかそういうことよりも、フィールディングなど守備全般。一塁へのカバリングでは全力で走るとか、『練習からやってほしい』と言っていた」という。

 レイズ、カブスをプレーオフに8度導いた指揮官らしい要求だが、今の大谷にはリスクが伴う。一昨年にメスを入れた右肘以上に、下半身に不安を抱えているからだ。

 大谷はもともと、両足首の関節が緩く、日本ハム時代の2016年の日本シリーズでは一塁に駆け込んだ際に右足首を負傷。翌年のWBCを欠場し、三角骨を除去する手術を受けた。昨年9月には分裂した左足の膝蓋骨にメスを入れるなど、下半身の故障が少なくない。

 すでに左膝は完治、このオフはリハビリの一環として十分な走り込みを行ったらしいが、「筋力的には100%ではない」(大谷)そうで、キャンプ中に全力で投内連係をこなすまでには回復していないとみられる。

 そもそも大谷が右肘に投手生命を左右しかねない重傷を負ったのも、股関節を含めた下半身が不安定で、患部への負担増を招いたことが原因のひとつとされる。

 18年9月以来となる投打の二刀流復帰が迫っているとはいえ、キャンプ中に下半身を痛めては元の木阿弥。はやる気持ちを抑えることが完全復活の近道になりそうだ。

関連記事(外部サイト)