ロッテ福田秀平を直撃 争奪戦を経て新天地を選んだ真意は

ロッテ福田秀平を直撃 争奪戦を経て新天地を選んだ真意は

福田秀平(C)日刊ゲンダイ

【'20キャンプ 突っ込みインタビュー】

 福田秀平(ロッテ・外野手・31)

 ◇  ◇  ◇

 昨オフ、ソフトバンクから国内FA権を行使。ヤクルト、西武など6球団の競合の末に、ロッテ入りを決断した。昨季3600万円だった年俸は4年最大6億円に。巨大戦力を誇るソフトバンクでは定位置をつかめなかったものの、守備、走塁などの能力が高く評価され、FAバブルの象徴となった。なぜ13年間プレーした福岡を出ようと思ったのか、ロッテ入りを決断した理由は何か。話を聞いた。

■9割5分が「勝負しろ」と後押し

 ――ソフトバンクから国内FA権を行使しようと決断した理由は?

「他球団から自分はどんな評価をされているのかを聞きたかったのが一番です。ホークスが宣言残留を認めてくれたからこそできた。『出場機会が欲しかったのか』と、皆さんによく言われるんですけど、どこであってもレギュラーを取らないといけません。特に守備と走塁はどの球団からも高く評価していただいたことがすごくうれしかったです。主に守備固め、ここ一番の代走という立場でやってきて、自信を持ってやってきたつもりでしたが、今までやってきたことが間違いではなかったんだという感覚になりました」

 ――課題だった打撃も18年に7本塁打、19年には9本塁打と結果が出始めたことも、FAを決断する要因に?

「打撃コーチやスコアラーさん、さらには川島慶三さんや同級生の柳田から、『中堅から右翼方向の引っ張った打球が一番いい打球がいくんだから、その長所を消すべきではない』とアドバイスを受けた。それまでは足を生かして逆方向に打とうという意識が強すぎて、縮こまって打席に入っていた。長所を生かそうと取り組んできた形が少しずつ結果に表れてきたことも、外に出て勝負しようと決断するきっかけになりました」

 ――ソフトバンクは巨大戦力を誇る。その中でレギュラーを取るのは難しいと思ったことは?

「正直、レギュラー争いの土俵に上がれないことは自分自身でも感じていました。外野には同級生の柳田というスーパースターがいて、グラシアル、デスパイネがいる。それに、日本で60本打つなど最高の実績があり、なおかつ日本人扱いになるバレンティンが来るかもしれない、という噂もあった。代走メンバーでも周東という若手も出てきました。そんな中で、アドバイスを聞いた9割5分の人が『ホークスを出て勝負しろ』と。周りの人たちの後押しがなかったら、ホークスに残った可能性が高かったと思います」

福岡出身の妻も「ついていくから」と

 ――決断するまでかなり悩んだそうですね。

「人生で一番迷いました。実際、たくさんのお話をいただいて、周囲の人に『どこに行けばいいんですか』って、話もしました。一番はホークスに残留するかどうかというところです。13年プレーしたホークスを離れる、福岡を離れる、しかも自分から離れるなんて、想像したこともなかった。奥さんが福岡出身なので、福岡を出て勝負できるのかなとも考えました。奥さんは『あなたの人生だから、どこでもついていくから』と言ってくれましたけど、やっぱり福岡にいたいのかな、って自分の中で勝手に思ったりもしましたから」

 ――その中でロッテ入りを決断した。ソフトバンク時代の恩人である鳥越ヘッドコーチの存在も大きかったそうですが、それ以外に決め手は?

「井口監督と松本球団本部長です。鳥越さんから電話をいただくたびに、必ず井口監督がそばにいらっしゃって、『一緒にやろう』と声をかけてくださった。フロントの方からも熱意を感じて、現場からも会社からも必要とされているんだなと感じました。ドラフトの数日前に当時スカウトだった松本さんが僕のことを見に足を運んでくれた。そのとき初めて、ああ、プロに行けるのかなと思えたんです。13年の時を経てというか、縁ってあるんだなって思います」

 ――年俸は3600万円から一気に出来高込みで4年総額6億円に。「周りの人から、福田に払い過ぎた、と思われないようにそれ以上の活躍を」という発言もあった。

「プロ野球選手である以上、年俸は世間に公表されますし、1年間の結果で評価される。年俸以上の活躍ができるように、自分にプレッシャーをかけてやっていきたい。年俸が高くなると、責任も発生してくる。チームの勝敗を背負うくらいの気持ちでやっていかないといけないと思っています」

(聞き手=藤本幸宏/日刊ゲンダイ)

関連記事(外部サイト)