甲子園開催危機も…U18アジア選手権は台湾球界のドンが猛プッシュ

甲子園開催危機も…U18アジア選手権は台湾球界のドンが猛プッシュ

2019年のU18は佐々木(左、現ロッテ)と奥川(現ヤクルト)がエース格だった(C)日刊ゲンダイ

■「日程を延期する可能性はある」

 夏の甲子園開催の雲行きが怪しくなってきた。

 コロナ禍の終息の兆しが一向に見えない中、4月26日に日本高体連が8月に全国で分散開催される予定だったインターハイの中止を決定。これが同時期に行われる夏の甲子園開催に大きな影響を与えるのは必至だ。

 東京や千葉の高野連は仮に、夏の甲子園が中止になった場合でも地方大会の開催に向けた準備を進める意向といわれるが、夏の甲子園に加えて地方大会まで中止になれば高校3年生は今年、一度も公式戦でプレーすることなく引退を余儀なくされる。

 そこで気になるのが、9月6〜12日に台湾(高雄)で行われるU18アジア選手権の動向だ。

 代表メンバーの選考で重要視されている4月のU18合宿はすでに中止。公式戦もすべて中止なら、日本代表を選考することすら難しくなってくる。

 高野連関係者が言う。

「現状、U18に向けた動きは止まっています。今年から明徳義塾(高知)の馬淵監督が代表監督に就任して首脳陣が一新されましたが、彼らの顔合わせは1度だけ。それもスケジュールの確認程度で、選手の選考については議題にも挙がらなかったようです。例年、代表選考はセンバツと合宿を通して大枠を決めるのですが、選手の実力は昨秋時点のものしか把握できていない。甲子園と地方大会が中止になれば、全国を北海道、東北、関東などの9ブロックに分け、高野連関係者による推薦方式を導入するしかなくなるでしょうが、そこから18人に絞るとなるとさらに困難になります」

 このままではU18の開催すら危ういとの見方もあるとはいえ、希望は残されている。

 全日本野球協会(BFJ)は、4月上旬に予定通り開催する方向で調整中と発表。

 改めて日刊ゲンダイが同協会に問い合わせると、「主催のアジア野球連盟より、『(4月27日の)現時点では予定通り9月6〜12日の日程で開催する予定だが、新型コロナウイルスの感染拡大状況により日程を延期する可能性はある』との通知が来ております」と回答。

 各世代の代表チームの事業を担うNPBエンタープライズは、「(4月27日の)現時点では開催を中止、延期するという話は来ていません」とのこと。

 放送関係者がこう言う。

「大会組織委は6月下旬をメドに日程等の調整を行う予定です。4月末の時点で台湾でのコロナ禍は終息に向かい、プロ野球は無観客ながら開催している。日本が8月時点で合宿を行い、9月に選手団を派遣できるかどうかにもよるが、同じく台湾で7月に開催される予定だったU12(台南)は中止ではなく暫定的に11月に延期された。U18についても9月開催が実現できない場合は中止ではなく、延期という形で落ち着く可能性が高い」

■日本球界にも太いパイプ

 台湾はかねて、野球の国際大会招致に力を入れている。

 プレミア12の1次ラウンド開催だけでなく、今年だけでもU18とU12のホスト国になっている。「台湾球界のドンと言われる人物の影響です」と、台湾メディア関係者が続ける。

「アジア野球連盟の会長兼、世界野球ソフトボール連盟の副会長として野球界の発展に尽力してきた彭誠浩の存在が大きい。彼はソフトバンクの王会長や元日本野球連盟会長の故山本英一郎氏らとも親交が深く、日本球界にも太いパイプがある。アジア野球連盟会長職は来年3月に改選され、その後も会長にとどまるかどうかは別として、開催にこぎつけるべく尽力するはずです」

■プロからも待望論

 U18の開催は日本のプロ野球のスカウトからも待望論が出ている。

 高校生の場合、例年は夏の甲子園でほぼ実力を見極め、評価を決定するが、今年に限っては公式戦はおろか、練習試合さえ行われていない。夏の甲子園がなくなれば、大舞台でのプレーをチェックする機会はゼロになる。

 あくまでドラフト会議までに開催されることが前提だが、日の丸を背負って真剣勝負を繰り広げるU18は選手の精神面を評価する上でも貴重な大会なのだ。パ球団のスカウトが言う。

「いい例が昨年のドラフトです。かねてトップクラスの評価を受けていた佐々木(ロッテ1位)や奥川(ヤクルト1位)はまだしも、石川(中日1位)や西(阪神1位)、宮城(オリックス1位)あたりはU18(韓国)での活躍によって、評価を上げた。水上(楽天7位)のように、上位指名ではなくともU18を機にプロ志向が強くなり、プロ入りに舵を切る選手もいる。海外の球場のつくりは甲子園と違って簡素で、プレーや練習を間近で見られるだけでなく、選手同士のグラウンドでの会話まで聞こえてくる。性格や人間性も確認できるのです。誰をドラフト1位にするかの判断さえ難しいうえに、プロ野球の公式戦が縮小されて球団の収入が大幅に落ち込めば、指名人数が減る可能性もある。正当な評価をするためにも、是が非でもU18は開催してほしいですよ」

 高校球児やプロ関係者の切なる願いは届くのか……。

関連記事(外部サイト)