巨人・菅野が好調維持も…シーズン120試合制の負担増をOB投手が指摘

巨人・菅野が好調維持も…シーズン120試合制の負担増をOB投手が指摘

好調を維持する菅野(C)日刊ゲンダイ

巨人の菅野智之(30)の状態がずっといい。

 8日のブルペン投球を見守った三沢投手コーチは「体調をキープしながら状態が上がってきている」と目を細めた。コロナ禍で個人練習のみの期間が続く。実戦登板がないにもかかわらず、好調がキープできるのは、昨年痛めた腰などに不安がなく、コンディションがいい証拠だろう。

 プロ野球は6月19日開幕を目指し、11月までに公式戦120試合を実施する方向だという。当初の予定は3月20日開幕の143試合制だった。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう指摘する。

「今年は23試合減で一見、投手陣の負担は減りそうで、実はその逆です。6連戦が続くなどの過密日程が予想される上、143試合の時より1試合の重みが増すわけです。ただでさえ、原監督は常々、先発ローテを少人数の厳選メンバーで回したいと言っている。必然的に投手陣にとって過酷なシーズンになりますよ。巨人は昨年15勝を挙げた山口俊の穴が埋まっていないし、リリーフ陣を含めて投手陣が手薄。例年よりエース菅野にかかる負担は間違いなく増える。佳境に入った終盤は、中5日、あるいは中4日など、フル回転を強いられることになるでしょう」

 ファンが注目するのは今年のオフだ。

「夢」と公言するメジャーリーグ挑戦をかなえるべく、ポスティングシステムを使った移籍を球団に直訴するかどうか。出場に並々ならぬ意欲を見せている東京五輪が来年に延期されたことも、頭を悩ませているかもしれない。

 いずれにせよ、シーズン後には究極の選択を迫られることになる。本人はメジャー挑戦について「体調次第」と口にする。昨季は故障に悩まされたが、ケガなく終えられれば――ということでもある。原監督は「容認姿勢」といわれている。

「過密日程の影響で、中5日や中4日の登板が続けば、30歳になった菅野は疲弊してパンクしてしまうかもしれない。近年は故障がちになっていて、それこそメジャーや五輪どころではなくなってしまう。今年はそんな危険性をはらんでいる。状態がいいなら、なおさら原監督や首脳陣が注意してあげないといけません」(前出の高橋氏)

 要は原監督のサジ加減次第ということである。

関連記事(外部サイト)