プロ野球6.19開幕へ準備開始「リスクと対策」を3人の感染症専門医が指摘

プロ野球6.19開幕へ準備開始「リスクと対策」を3人の感染症専門医が指摘

巨人は11日から東京ドームでの練習を再開(C)日刊ゲンダイ

プロ野球が最短で6月19日の開幕に向けた準備をスタートした。

 11日の12球団代表者会議に続き、12日は臨時オーナー会議を開催。6月中旬から下旬の開幕を目指す方針を確認した。すでに各球団は5月末で緊急事態宣言が解除されることを想定し、早ければ5月第4週から全体練習を再開。6月上旬から約2週間の練習試合の日程調整も進んでおり、中には首脳陣が選手に「6月19日の開幕を見据えて準備してくれ」と伝えた球団もある。

 とはいえ、まだ、コロナ禍が終息するとの見通しは立っていない。6月中に開幕し、シーズンを戦い続けることができるのか。

■コロナと共存を視野に行う

 11日に行われたJリーグとの合同会議で、専門家チームは、緊急事態宣言下での具体的な開幕日の決定は難しいと言及した。その専門家チームのひとりであり、政府の専門家会議のメンバーでもある舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授、日本感染症学会理事長)は、11日の同会議後の記者会見で、「確実に緊急事態宣言の効果が出ており、感染者数が減っていることは非常に大事な事実。ただ、いつどのような状況でクラスターが起きるか、わからないのがこの感染症の怖さ」と話し、開幕するためには、新たなガイドライン作成の必要性を指摘した。

 その舘田氏に改めて6月中の開幕の実現可能性について聞くと、「今よりいい状態が1カ月、1カ月半後まで続いていかないといけないと思います。それまでに何かが起きると延期になりかねない」とした上で、こう続ける。

「6月19日に開幕できるか、今の時点では分かりませんし、何とも言えません。緊急事態宣言が解除されて初めて、開幕日を考えていくことになる。まずはそこまで、頑張ってやっていくしかありません。コロナが終息するまでどれくらいの期間を要するのかは不透明ですから、開幕後も感染リスクはゼロにはならないことを考え、コロナと共存するという考えで公式戦を行うべきだと思います。野球、サッカーのようなスポーツは試合後の選手の免疫力低下に気を配らないといけない。(公共交通機関などによる)移動のリスクもある。感染者が出た場合の他チームとの戦力均衡の問題など、詰めていくべきこともある。そのためのガイドラインを議論していきます」

 今月初旬に無観客で開幕した韓国プロ野球は、5人以上の感染者が出た場合はシーズンを中止し、感染者が出た球場を最低2日間閉鎖するという。日本でも徹底したガイドラインづくりが欠かせない。

常にボールを手に持つ投手と捕手は感染注意

 東京医科歯科大の名誉教授である藤田紘一郎氏(感染免疫学)はまず、コロナ禍について、「コロナはサーズ(SARS)などと違い、感染経路が分からない感染者が多いのが特徴。感染しても症状が出なかったり、軽症の人もいる。現時点でコロナ抗体を持つ人は国民の10人に1人はいると考えられる。感染者がゼロになるのを待っていたら夏が終わってしまうが、抗体を持つ人が増えればコロナ禍は自然と落ち着いてくるでしょう」と分析。

■まずは自然免疫力を高める

 その上で、「6月中にも開幕できる可能性はある。自粛にこだわらない方向で考えたいと思っていますが、プロ野球界がその準備と覚悟ができるかどうか」と、こんな条件を挙げた。

「免疫力が高いアスリートは、現時点で症状が出ずとも感染している可能性はある。練習試合が始まれば、両チームで100人近い人が集まるわけで、その際にコロナに感染する選手、関係者が出てくると思った方がいい。そこで慌てないように準備をすることが大事です。本来なら欧州の一部サッカークラブのように、選手、コーチ全員の抗体検査をやった方がいいと思うが、まずは『自然免疫力』を高めること。いくらアスリートとて、運動後には免疫力は低下する。食事は決まった時間に取り、暴飲暴食はしない。たばこは控える、試合後は外出せずにゆっくり休む、などとハッキリ決めることが必要です」

 プロ野球界では最近でこそ、アスリート志向の選手が増えたとはいえ、酒やたばこを好む選手は少なくない。ただでさえ制限が多くストレスを抱えやすい環境で、果たしてそんな規則正しい生活が送れるのかどうか……。

■手に持つボールにもリスク

 新潟大学大学院医歯学総合研究科の特任教授・田中純太氏(呼吸器・感染症内科)は、団体スポーツの観点から、こう指摘する。

「野球の場合はサッカーと比べると、選手の接触頻度が少ないなど、開催しやすいスポーツだと思う。ただ、団体スポーツでは“対人”でウイルスが伝播する危険がある。野球では主に投手と捕手が球を手に持つ。その際にどれだけウイルスが付着するかの実験がなく、何とも言えませんが、球を触った手をどうするのかというところ。とにかく球に触れた手を顔に近づけないことが大事。ついつい髪を触ったり、汗をかけば額をぬぐったりしてしまう。どんなに注意してもそうした行為を100%、抑えることはできないでしょう。伝播リスクが高くならないよう注意を徹底し、組織としていざという時に適切な判断ができるシステムをつくることが大事です」

 3人の専門家の指摘に共通しているのは、全体練習や試合を通じて、コロナ感染者が出てくる可能性が高いということだ。そのリスクを背負って野球をやれるのか。プロ野球は重い決断を迫られそうだ。

関連記事(外部サイト)