準備不足でケガ人続出か プロ野球6月開幕なら“野戦病院”に

準備不足でケガ人続出か プロ野球6月開幕なら“野戦病院”に

工藤監督は「一番難しいのは先発投手」/(C)日刊ゲンダイ

改めて障害が多いことが露呈した。

 6月中の開幕を目指すプロ野球。新型コロナウイルスの感染状況次第では、6月上旬から練習試合を再開するという話もあるにはあるが、しかし、それではあまりにも準備期間が短い。

 ソフトバンクの工藤監督は4月末、選手の自主練習を視察した際、「1カ月間あれば、選手は準備できると思う。一番難しいのは先発投手。(開幕前の実戦で)3、4試合は投げたいと話していた」と、言っていた。

 6月上旬に練習試合が再開できたとしても、19日開幕だとすれば3週間もない。かといって、5月19日からの実戦はまず不可能。調整に不安が出るのは避けられない。

 開幕を急げば、ケガ人が続出しそうだ。7月上旬の開幕案が出ているメジャーでは、ヤンキースのチームドクターが、「トミー・ジョン手術が増えかねない」と警鐘を鳴らしている。この肘の靱帯を修復する手術を受ける投手は開幕直後、つまり、まだ体が実戦に慣れ切っていない春先に痛めるケースが多い。2月中旬のキャンプから約6週間後に開幕を迎える通常のパターンですらそうなのだ。準備期間が少ないと、医者が危険性を訴えるのも無理はないだろう。

 コーチ経験のある球界OBは「野手だってケガが怖い」とこう言う。

「いくら自主トレを積んできても、キャンプ、オープン戦、開幕という例年通りの流れで調整した体ではない。特に野手は守備でも打撃でも、最初の1歩目で瞬間的な負荷が下半身にかかり、肉離れやヒザを痛めることが多い。慣らし運転の時間を考えれば、最低でも1カ月の準備期間は必要ですよ」

■選手会に聞いてみると…

 選手会は今回の開幕予定日について、どう捉えているのか。

 選手会の森事務局長は「まだ日程が決まったわけではありませんが」と、こう続ける。

「炭谷選手会長とも話しましたが、『(6月19日開幕だと準備が)短い気もしますが、何とかなるでしょう』とのことでした。少なくとも、選手は19日開幕に合わせて練習しているはず。我々としては与えられたもので準備をするしかない。ただ、万が一、それでは厳しいとなれば、(NPBや球団サイドと)交渉していく必要があるのかなとは思います」

 プロ野球選手は体が資本。「ケガをしてでも早く試合がしたい」なんて思っている選手はひとりもいないはずだ。

関連記事(外部サイト)