プロ野球公式戦縮小で問われる監督の手腕 今季は何人がクビに?

プロ野球公式戦縮小で問われる監督の手腕 今季は何人がクビに?

(左から)2年連続Bクラス低迷日ハムの栗山監督、リーグVを求められるDeNAのラミレス監督、電撃解任もありえる!?阪神の矢野監督(C)共同通信社

「今季は例年以上に監督の手腕が問われそうです」

 評論家の高橋善正氏がこう言った。最短で6月19日の開幕を目指しているプロ野球。開幕時期が7月までずれ込むと、試合数は100試合程度まで削減される可能性もある。コロナ禍で各球団は全体練習を自粛し、準備不足を訴える選手もいる。難しい戦いを強いられる今季はより一層、監督が果たすべき役割が大きいというのだ。

「長いブランクを経て開幕するとなると、何より故障が懸念される。2月のキャンプからの流れで開幕に臨むのと比べて、3カ月のブランクがあり、さらに開幕までの調整期間が短い。まして、選手たちは本当に開幕ができるのかという不安や、ウイルスをうつしたり、うつされたりする不安を抱えながら調整している。100%、野球にのめり込めない部分もあったと思う。体が芯から出来上がらない状態のまま、開幕を迎えざるを得ないのは間違いない」

 そう言って高橋氏は、特に投手のやりくりが難しくなると指摘する。

「先発投手にいきなり無理をさせれば、肩肘への負担は大きい。試合を重ねながらイニング数を増やしていく形にするにしても、今度はリリーフにしわ寄せが来る。試合数が減り、シーズンの期間が実質4カ月という“短期決戦”では、先行逃げ切りが有利。首脳陣としては、極端にいえば昔の野球でエースを抑えでも起用したように、いい投手からどんどん使っていきたいはずです。野手の場合も、練習不足による足の肉離れなどのケガをしやすい状況にある。チームの勝利を目指しつつ、いかに選手の故障を防ぐか、監督の見極めと我慢が必要になります」

■テコ入れポイント

 また、開幕後は一定期間、無観客試合となるが、これについても首脳陣のフォローが必要だという。

「プロ野球は選手のモチベーションがチーム成績に大きく影響する。私は現役時代、満員の観衆の中で投げたこともあれば、100人程度しかお客さんがいない中で投げたこともある。お客さんがいればアドレナリンが出るし、ファンの後押しによっていいボールが投げられることもある。無観客試合では気持ちが入らないという選手も中にはいるでしょう。基本的に選手個々の問題だが、監督もコーチと協力しながら、言葉や態度で選手の気持ちを高められるよう、方向付けをすることは必要だと思います」

 もちろん各球団ごとの戦力差はあるとはいえ、確かに今季は12球団の監督力が問われそうだ。

 それは監督自身の進退にも大きく影響する。

 コロナ禍により、各球団の収入は大幅に減る。先日の臨時オーナー会議でDeNAの南場オーナーが「プロ野球はかつてない危機的な状況」と話すなど、大きなダメージを受けている。

 各球団の補強、編成に影響を及ぼすことは間違いない。セ球団幹部が言う。

「選手の年俸削減問題さえ浮上する中、複数の支配下選手を育成契約にせざるを得ない球団も出てくるだろう。積極的に補強できず、ドラフトの指名人数も減る可能性がある。限られた戦力で来季を戦うには監督の手腕が欠かせない。いくら公式戦が縮小されても、成績が低迷すれば監督人事のテコ入れは必要です」

■2011年は4人の監督が交代

 特に契約最終年を迎える監督は今季、よほどの覚悟を持って戦う必要があるのではないか。

 今季で契約が切れる12球団の監督は、2年契約最終年の西武・辻監督、1年契約の日本ハム・栗山監督、DeNA・ラミレス監督の3人。西武の辻監督は昨年、リーグ連覇を達成するなど結果を残しているが、栗山監督は昨シーズンBクラス(5位)に低迷したことでオフに進退問題が浮上。就任5年目を迎えるラミレス監督も、親会社は1998年以来となるリーグ優勝を求めており、今季の成績が問われそうだ。

「3年契約の2年目である阪神の矢野監督も決して安泰とはいえません」

 とは、さる阪神OB。

「阪神は藤浪ら3選手のコロナ感染もあり、球団のイメージ回復も含めてとにかく結果が欲しいところ。そもそも親会社は監督の評価に関して、結果と観客動員を重視している。ただでさえ試合数減と一定期間の無観客開催で大きな損失を被っているのに、いざ観客を迎えて成績が低迷すれば、観客数に影響する。阪神伝統のお家騒動も起きかねない。阪神は2018年オフに最下位に低迷。観客動員が前年より約13万人減ったこともあり、新たに3年契約を結んだばかりだった当時の金本監督を、2年の任期を残したまま電撃解任した。阪神という球団は何が起きても不思議ではありません」

 振り返れば11年の東日本大震災は、プロ野球界にとっても一つの節目となった。全143試合を開催したものの、震災ショックは親会社の経営に打撃を与えた。放送関係者が言う。

「同年オフに横浜ベイスターズがDeNAに身売りしたのは、親会社であるTBSが震災により広告収入が落ち込むなど経営面の影響もあった。中日も経営の事情があり、リーグ連覇を果たしながら当時の落合監督を電撃解任。くしくも11年オフには横浜、中日に加え、阪神、日本ハムの4球団で監督が交代しました」

 コロナ禍でプロ野球界に変革が求められる中、今オフは監督人事に大きな動きがあるかもしれない。

関連記事(外部サイト)