夏の甲子園も中止検討 コロナのしわ寄せを食う地方校球児の無念

夏の甲子園も中止検討 コロナのしわ寄せを食う地方校球児の無念

高校3年生球児の悔しさは計り知れない…(C)共同通信社

8月10日に開幕する予定だった夏の甲子園大会が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、中止の可能性が出てきた。中止になれば戦後初。史上初の中止となった3月のセンバツに続く重い決断となる。高野連は20日の運営委員会で正式決定する見込みだ。

 高校3年生はさぞ無念だろう。春も夏も夢の舞台が消滅する上、春の県大会を準々決勝まで開催した沖縄以外、今年は1試合も公式戦を経験できていない。

 特に地方の高校生は無念ではないか。例えば岩手県はいまだに感染者ゼロ。県内限定で練習試合も行われている。全国的には通常通りの練習が可能な地域もある。12日には全日本大学野球選手権も中止が決まった。高校、大学球界は壊滅状態だ。あるプロ球団のスカウトがこう言う。

「こうなると、地方の大学生、高校生の判断が難しくなる。大学の場合は各リーグ、高校の場合は各県ごとのレベルが大都市圏より落ちることが多いからです。地方で活躍している選手の場合、甲子園などの全国大会で通用するかをチェックする必要がある。それがなくなれば、どうしても、地方の大学、高校生はリストに入れられなくなります」

 甲子園が中止になれば、地方の高校3年生がプロにアピールする機会は消滅する。各都道府県の夏季大会も現状、開催できるかは不透明だ。前出のスカウトは、「やるなら県大会は見に行きたいけど、コロナの影響は、スカウトが首都圏より足を運びづらい地方の中堅校がしわ寄せが食うでしょう。こういうところにも磨けば光る原石がいて、甲子園の大舞台で才能が花開くケースもある。ただ、春も夏も中止になった今年はどう考えても、このレベルの選手を発掘できませんから」と指摘する。

 高校3年生球児の悔しさは誰もが同じとはいえ、状況的には首都圏より地方の球児の方が“無念度”は高そうだ。

関連記事(外部サイト)