6.19に突き進むプロ野球 感染防止の具体策なく開幕内定の不安

プロ野球6月19日に開幕か 具体的な感染対策は明らかになっておらず、選手不安か

記事まとめ

  • "あくまで目標"との注釈がついているが、プロ野球の6月19日開幕が内定した
  • MLBは7月開幕を目指すが、カブスのダルビッシュなどは難色を示している
  • 「具体的な感染対策が明らかになっていない日本は大丈夫か」とMLB担当記者は指摘する

6.19に突き進むプロ野球 感染防止の具体策なく開幕内定の不安

6.19に突き進むプロ野球 感染防止の具体策なく開幕内定の不安

自主練習を再開したばかりの楽天・涌井(球団提供)

プロ野球が6月19日に開幕することが決定的になった。

 Jリーグとの合同会議や実行委員会、オーナー会議などでは“あくまで目標”との注釈がついているが、17日までに複数球団の首脳陣、選手が「6・19開幕」を内定事項として球団から伝えられた。

 これに合わせて、来月2日に練習試合が再開されることも決まったという。開幕までにそれぞれ4カード12試合を行う。移動による感染リスクを最小限に抑えるため、練習試合は北海道の日本ハムから名古屋の中日までを「東球団」とし、巨人にヤクルト、DeNA、西武、ロッテ、楽天を含めた8球団が首都圏球場で開催。ソフトバンク、広島、オリックス、阪神の「西球団」は関西圏で練習試合を行う。

「今後の国内の感染状況やチームに陽性者が出た場合は白紙に戻ることもあるとのことですが、現場にすればとりあえず、目標が決まった。各球団とも2日に再開される練習試合、19日の開幕に照準を合わせて、練習の強度を上げていくことになる」(在阪球団関係者)

■MLBでは機構側と選手会の折衝が難航

 そんな折、米スポーツ専門サイト「アスレチック」が日本時間17日、7月開幕を目指すMLB(大リーグ機構)が、コロナ対策の指針をまとめた文書を選手会に提出した、と報道。文書は67ページにも及び、

「それによると、選手や関係者に毎日の検温を義務付けるのはもちろん、『プレーする選手以外はベンチで必ずマスクを着用すること』『控え選手はスタンドに座ること』『攻守交代時に必ず手を消毒すること』『ツバ吐き、噛みたばこの禁止』『ハイタッチ禁止』などと細かな感染対策を提示している。

 それでも、ダルビッシュ(カブス)などは7月開幕案に、『チームでプレーするということは濃厚接触だらけ』『実際に自分や家族を犠牲にして戦うのは選手や現場スタッフ』『MLBの選手たちは闘犬とほぼ同じ状況』『見切り発車だけはやめてほしい』と難色を示している。実際に機構側と選手会の折衝は、年俸の減額問題も含めて難航しているのが現状。具体的な感染対策が明らかになっていない日本は大丈夫なのか。ダルビッシュのように自らの考えを堂々と訴える選手は日本には少ないが、内心では不安でしょうね」

 とは、在米のMLB担当記者だ。

 見切り発車だけは避けなければいけない。

関連記事(外部サイト)